最新992型 ポルシェ911カレラ4Sカブリオレ 試乗 シリアス過ぎる高性能

2019.08.24

カブリオレなら4Sでなくても良い

気になる点といえば、ボディスタイルに関わらず、911全体に関することとなる。時代の変化でもあるのだが、性能は余りにもシリアス。少なくとも公道で許される速度域では、コーナリング中に自然なオーバーステアを味わうことはできなくなった。サーキットに持ち込んで、思いっきり走らせるなら、話は別だけれど。

ポルシェ911でカブリオレの「4S」を選ぶべきかどうか、難しい選択ではある。テスト車両の場合、サーキット走行時のポテンシャルは間違いなく高かったが、10mm下げられたサスペンションとフロント20インチ、リア21インチの大径ホイールとの組み合わせで、低速域での乗り心地には厳しいところがあった。もし太陽の光を浴びてクルマを気持ちよく流したいと考えるのなら、そんな乗り心地は相応しいとはいえないと思うが、いかがだろう。

ポルシェ911カレラ4Sカブリオレ
ポルシェ911カレラ4Sカブリオレ

おそらくカブリオレの場合、Sではないグレードに小さなサイズのホイールを組み合わせた、後輪駆動がより良い選択だと思う。管理の悪い路面を緩やかに受け流し、より穏やかな乗り心地で優雅にドライブできる。限界領域までペースを上げなければ、フロントタイヤの駆動力が必要となる場面は少ないだろう。もちろん911に4輪駆動が必要条件だとしても、ホイールのサイズを小さくすれば、カブリオレ化に伴う妥協点はほとんどないといって良い。

ポルシェ911カレラ4Sカブリオレのスペック

価格:10万8063ポンド(1405万円)
全長:4519mm
全幅:1852mm
全高:1299mm
最高速度:302km/h
0-100km/h加速:3.8秒
燃費:8.8−9.4km/L
CO2排出量:207g/km
乾燥重量:1635kg
パワートレイン:水平対向6気筒2981ccツインターボ
使用燃料:ガソリン
最高出力:450ps/6500rpm
最大トルク:53.9kg-m/2300−5000rpm
ギアボックス:8速ツインクラッチ・オートマティック

 
最新試乗記

人気記事