ホンダ、タイで新四輪車工場の建設を発表

2013.07.10

ホンダのタイにおける四輪車の生産販売会社であるホンダオートモービル(タイランド)カンパニー・リミテッドは、プラチンブリ県(バンコクより東に約120km)に、年間生産能力12万台の新四輪車工場を建設することを決定した。

新工場は2015年の稼働開始を予定しており、土地の取得と建屋の建設費用を含めた投資額は約171.5億バーツ(約446億円)で、立ち上げ時の新工場の従業員数は約1,200名(非正規従業員を除く)となる。小型車を中心に生産する予定で、製造工程のショートプロセス化や、塗装・溶接工程へ最新の生産技術を投入することなどにより、高効率な生産体制の新工場を目指すという。

また、年間生産能力24万台の既存アユタヤ工場では、2013年1月までに設備の追加や改修による28万台への拡張工事が完了し、今月よりフル生産体制となっているという。さらに、生産ラインの延長などさらなる能力拡大に向けた投資を予定されており、2014年には年間生産能力が30万台となる予定だ。これにより、新工場と合わせたホンダオートモービル(タイランド)カンパニー・リミテッドの年間生産能力は、2015年中に42万台となる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事