次期型メルセデスAMG C63 V8に替わり4気筒ハイブリッドを採用の見込み

公開 : 2019.10.19 07:50  更新 : 2021.01.30 21:38

3代目となる次期型C63は大きく変わるようです。これまでのV8エンジンによる後輪駆動に替わり、直列4気筒エンジンとマイルドハイブリッドを組み合わせた四輪駆動になる見込みです。

もくじ

合計最高出力は500ps以上に
48Vで駆動するISGを採用
最大トルクは76.3kg-m
後輪駆動にもなる四輪駆動システム

合計最高出力は500ps以上に

時代の要請に合わせる姿勢を示すため、メルセデスAMGは3世代目となる次期型C63に、これまで長く使い続けてきたV8エンジンに替わり、最新の4気筒エンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドを採用するようだ。その合計最高出力は500psを超えると見られている。

2022年前半に登場する次期型C63は、M139と呼ばれる新型2.0L直列4気筒ターボ・エンジンのハイブリッド・バージョンを搭載する初のAMGモデルになることが決定している。

現行型メルセデスAMG C63セダン
現行型メルセデスAMG C63セダン

既に開発はドイツ・アッファルターバッハのAMG本社で集中的に行われている。ライバルとなる次世代のBMW M3と同様、次期型C63も従来のような後輪駆動ではなく四輪駆動になる見込みだ。

AMGのM139型4気筒エンジンは、電気モーターの助けを借りずに、既に新型A45 Sで最高出力421psと最大トルク50.9kg-mを発生。縦置き搭載やマイルドハイブリッド化も考慮して開発されている。

次期型C63のみならず、それよりチューニングを抑えたバージョンが、現在の3.0L V6ターボを搭載するC43の後継モデルにも使われることになっている。

48Vで駆動するISGを採用

新型C63には、セダン、クーペ、コンバーチブルという3種類のボディスタイルが用意されるが、次世代のC43は、それらに加えてステーションワゴンも設定される可能性が高い。

さらにこの新しいハイブリッド・ドライブトレインは、現在のGLC43/GLC63およびGLC43クーペ/GLC63クーペの後継モデルにも搭載されることになるだろう。

M139エンジン
M139エンジン

AUTOCARがメルセデスAMGの関係者から聞いた話によると、M139エンジンは48V電気システムで駆動するISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)を組み合わせることが、当初から計画されていたという。

エンジンとトランスミッションの間にモーターを組み込むISGは、既にM256と呼ばれる3.0L直列6気筒ターボ・エンジンに採用されており、CLS53 4マチック+など現行のAMGモデルに搭載されている。

CLS53 4マチック+の場合、ISGのモーターが最高出力22psと最大トルク25.5kg-mを発生し、駆動力をブーストする。しかしながら、次期型C63ではさらにパワーとトルクが大幅に高められるだろう。

この新しいEQブースト・ハイブリッド・パワートレインは、MCTスピードシフトと呼ばれるトルクコンバーター式の9速オートマティック・トランスミッションと組み合わされる見込みだ。

関連テーマ

人気テーマ