ルノースポール・メガーヌRB8

公開 : 2013.08.13 14:00  更新 : 2017.05.29 19:22

■どんなクルマ?

ルノーとF-1チーム、レッドブル・レーシングとのコラボレーション・モデルが、ルノースポーツ・メガーヌRB8だ。そのベースとなったのはメガーヌ265カップだが、残念ながらオーストリアのミルトン・ケインズをベースとしたF-1チームは、そのエンジンには何もしていない。しかし、261bhpの2.0ℓターボ・エンジンは、現状のままで充分であると言えるだろう。

同じことはシャシーについても言えるかもしれない。唯一、ブリヂストン・ポテンザRE50Aによってスープアップが図られている。

ボディ・カラーはF-1マシンに由来するトワイライト・ブルーにペイントされ、レッドブルのグラフィックスがサイドとリアに入れられる。インテリアでは、キックプレートと、マット、そしてヘッドレストといった邪魔にならない場所にレッドブルのロゴが入れられている。また、装備としては、ルノースポール・モニター・ソフトウェアのバージョン2.0が組み込まれたRリンク・インフォテーメント・システムが標準となる。

■どんな感じ?

基本的にメガーヌ265カップと変わるところはない。ステアリング、ロール、ブレーキ、グリップなどは、ブリヂストンへのグレードアップによる若干のパフォーマンス・アップが望めるぐらいだ。それでいて、その日常でのしなやかな乗り心地と扱いやすさはそのままだ。

高速道路でも快適で、それはサーキットで過ごす時間と同じぐらい愉しいものだった。

グロスブラックの19インチ・ホイールスタイルをぐっと引き締める。また、リアルタイムな加速、Gフォース、パワー、トラクション、GPSタイミング・データを表示するインフォテーメント・システムも魅力的な装備だ。

■「買い」か?

メガーヌRB8が、即座に飛びつくようなモデルかと言えばそうではない。価格もメガーヌ265カップよりも1割以上高い£28,245(425万円)なのだ。その価格差を、より大きいホイールとスペシャル・ペイント、インフォテーメント・システム、そしてポテンザのタイヤの価値として納得できるかどうかだ。

但し、英国では僅かに29台という希少価値もカウントに入れなければならないだろう。

(ニック・カケット)

ルノースポール・メガーヌRB8

価格 £28,245(425万円)
最高速度 254km/h
0-100km/h加速 6.0秒
燃費 13.3km/ℓ
CO2排出量 174g/km
乾燥重量 1379kg
エンジン 直列4気筒1998ccターボ
最高出力 261bhp/5500rpm
最大トルク 36.8kg-m/3000rpm
ギアボックス 6速マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記