【100周年】マツダ、ジュネーブ・ショーで記念展示 CX-8は2年連続クラス1位に

2020.01.30

サマリー

マツダが100周年を迎えました! 今年は、さまざまな記念企画が用意されています。まずは、現在の生産・販売台数、国内シェアをおさらいしましょう。

もくじ

1920年 東洋コルク工業として設立
CX-8 国内3列シートSUV首位

1920年 東洋コルク工業として設立

マツダが、1月30日に、創立100周年を迎えた。1920年に東洋コルク工業として設立され、1927年に初の自動車として三輪トラック「マツダ号」を生産開始している。

同社は本日、本社講堂(広島県安芸郡府中町)にて役員や従業員、組合・関連会社の代表者など、約500名が出席し「創立100周年記念式典」を開催した。

マツダCX-8
マツダCX-8

3月には、世界的なモーターショーである「ジュネーブ・ショー」において、100周年をテーマにした出展を行うことも発表。

さらに、5月22日から24日に「マツダオープンデー2020」を開催する予定だという。

昨2019年のマツダは、グローバル生産台数が、乗用車と商用車の合計で148万7917台。2018年に比べて6.5%ダウンとなっている。しかし、国内生産については、2019年は1.4%増を達成した。

CX-8 国内3列シートSUV首位

2019年の国内販売における登録車のシェアは5.1%。販売台数はマツダ2が3万7823台、CX-5が3万1536台、マツダ3が3万712台となっている。

3列シートクロスオーバーSUVの「CX-8」が、2018年に続き、国内3列シートSUV販売台数で首位に輝いたこともトピックだ。

マツダCX-8
マツダCX-8

マツダの国内最上位クロスオーバーSUVとして、2017年12月に発売され、「多人数乗用車でありながら、走りとデザインを両立したいと考える幅広い世代に好評」であるという。

2019年10月には、2列目キャプテンシートに電動スライド&リクライニング機構やベンチレーション機能を装備し、2列目シートの同乗者もくつろげる特別仕様車「エクスクルーシブ・モード」を追加したほか、6人乗り/7人乗りのシートタイプそれぞれに、ナッパレザー、レザー、クロスという3タイプの素材を選択可能とている。

また、AWD車には、さまざまな路面環境において安心・安全の走行性能を提供するオフロード・トラクション・アシストを採用した。

 

人気記事