【乗り心地は魔法の絨毯のよう】プジョー208 GTラインへ試乗 1.2L 3気筒 130ps

2020.02.06

魔法の絨毯のような、制御された浮遊感

郊外の道では、コーナリング時にフィエスタ並の自信を掴むことは難しい。充分に高い速度域で走れるし、予期せぬ路面の変化でも充分に確かなグリップ力を得られてはいる。しかし、どこかわれわれが求めている性質とは異なる。

ステアリングホイールにフィードバックのない、ゲームを楽しんでいるようだ、といえばわかりやすいだろうか。

プジョー208 ピュアテック130 GTライン(英国仕様)
プジョー208 ピュアテック130 GTライン(英国仕様)

コーナーでは姿勢制御が緩めで、速度は自然と上がらなくなる。だが、柔らかめのシャシー設定ならではの、優れた乗り心地には目を見張る。海外で208を試乗した時から改良を受けているのかもしれないが、英国の道で、減衰力不足になるような場面はなさそうだ。

リア・サスペンションは一般的なトーションビーム式。208は滑らかに舗装の剥がれや起伏をこなしていく。高速道路でも印象は変わらず、うねりを自然に処理し、感心するほどの落ち着きを備えている。

フォード・フィエスタや新しいルノー・クリオ(ルーテシア)よりも柔らかいが、まるで魔法の絨毯のように、制御された浮遊感がある。このクラスのベンチマークといえる、フォルクスワーゲン・ポロより、乗り心地では勝るといって良い。

多くのコンパクトカーの場合、聴覚的な洗練性には我慢が必要なことも多いが、208の場合は違う。エンジンやロードノイズはしっかり遮断され、110km/h程度で走っていても、車内には穏やかな風切り音が届く程度の上質さだ。

その評価を支えているのが、グループPSAの1.2L 3気筒ターボエンジン。フォード製のエコブースト・ユニットの方が個性は強いが、試乗車のピュアテック130に載る130ps仕様も悪くない。驚くほど活発なスタートダッシュを披露し、追い越し加速も余裕の柔軟性を持ち合わせている。

 
最新試乗記

人気記事