【最強4WDホットハッチは】BMW M135i vs ミニ・クーパー・クラブマンJCW vs メルセデスAMG A35 後編

2019.12.08

100字サマリー

FFへと駆動方式を変えて登場したBMW 1シリーズのホットモデル、M135iを同門のミニ・クーパー・クラブマンJCWとメルセデスAMG A35との比較試乗に連れ出しました。その結果はリア駆動を捨て去ったことに寂しさを感じるひとびとを勇気づけるものとなったようです。

もくじ

アダプティブダンパーの恩恵
もっとも純粋なドライビングの楽しみ
ホットハッチらしい走りを実現
各車のスペック
番外編:いま手に入れるべき 最高のユーズド四輪駆動ホットハッチ5選

アダプティブダンパーの恩恵

以前もこのマイルドなホットハッチとでも呼ぶべきAクラスのスタンダードなAMGサスペンション仕様をテストしているが、そのときも英国の路上や日常的なタウンスピードでその実力を発揮させるには、あまりにもハードなセッティングだと評価している。

今回はオプションのアダプティブダンパー仕様を選択しているが、ホイールはAMGスタイルパッケージに含まれる19インチのままだった。

メルセデスのアダプティブダンパーは乗り心地の改善に役立っている。
メルセデスのアダプティブダンパーは乗り心地の改善に役立っている。

その結果、決して完ぺきとは言えない路面コンディションであっても、滑らかな衝撃吸収性能を発揮し、前回テストしたときよりもはるかに優れたパフォーマンスを見せてはくれたが、細かな路面の乱れや鋭い路面不整に対しては、A35は多くが望むような乗り心地とはかけ離れた落ち着きのなさを時に露呈することとなった。

スタンダードなパッシブダンパー仕様のミニの方がある意味さらに路面の影響を強く受けていた。硬くストロークの短いサスペンションは全般的にしなやかさに欠け、決して不快というわけではないが、大きな路面不整に出会うと落ち着きのなさは明らかだった。

だが、クラブマンはその重心の低さを活かすことで、M135iとA35を上回る性格でシャープなハンドリングを実現しており、タイトコーナーや高速コーナーで見事なパフォーマンスを発揮している。

まさに期待通りと思うだろうが、より小型のホットハッチたちの戦いにおいては、現在のハイパフォーマンスなミニたちはしばしば失敗を犯しているのだ(ミニ・クーパーSとフィエスタSTの比較がその好例だ)。

 
最新試乗記