【乗り心地は魔法の絨毯のよう】プジョー208 GTラインへ試乗 1.2L 3気筒 130ps

2020.02.06

印象的なほど優れているインテリア

ダッシュボードの中央には10.0インチのインフォテインメント・システム用モニターがレイアウトされる。中級グレード以下では7.0インチとなる。ピアノの鍵盤のようなショートカットボタンが便利だ。

しかし、その鍵盤状のボタンの奥にはタッチ式のフラットパネルがあり、こちらは触覚的に分かりにくく、アイコンが並ぶだけ。場所を覚える必要があり、物理式のボタンと切り分けた決定が、少し不思議に思える。

プジョー208 ピュアテック130 GTライン(英国仕様)
プジョー208 ピュアテック130 GTライン(英国仕様)

インフォテインメント・システムのモニターはとても鮮明で高精細。操作に対してのレスポンスも上々だが、メニュー構造は少々わかりにくい。エアコンの調整もタッチモニターを介して行う必要があり、煩わしく感じる人もいるはず。

インテリア全体の仕立ては、印象的なほどに優れている。頻繁に手に触れる場所にある素材は、プラスティック製でも合皮でも質感が良い。おそらくこのクラスで対等となるのは、ミニくらいだろう。

妙に小さなステアリングホイールが、不自然に低い位置に来ることに慣れれば、508とのつながりをさらに実感することになる。慣れるには数時間はかかるかもしれないけれど。

208の操舵感は、より高価なプジョーとよく似ている。フィーリングは殆どないが、ダイレクトだ。曖昧さはないものの、フォード・フィエスタなどのように、徐々に重くなったりグリップ感が伝わってくることはない。

多くのユーザーの場合、208は都市部で乗るだろうから、運転はしやすく感じると思う。素晴らしかったプジョー205GTiの面影は、感じられないとしても。

 
最新試乗記

人気記事