【TVRでグッドウッドに初参戦】アーティストのレースデビュー 後編

公開 : 2020.03.08 16:50  更新 : 2021.02.17 17:44

モータースポーツを題材にしたアーティストとして知られるティム・レイゼルは、TVRの熱狂的なファン。初参戦のグッドウッドではTVRグランチュラXPG 1のステアリングを握り、サーキットにシャープなラインを描きました。

レース直前のトランスミッション故障

text:Mick Walsh(ミック・ウォルシュ)
photo and image:James Mann(ジェームズ・マン)/Tim Layzell(ティム・レイゼル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
グッドウッド・フェスティバルの開催が近づく中で、グッドウッド・サーキットでの練習走行を数日予約していたレイゼル。だが、トランスミッションに不具合が発生。実際に走行できた日は限られてしまった。

「本番まで2週間というところで故障し、思うようには走れませんでした。でも、グッドウッドの予選走行でトラブルが起きていれば、もっと悲惨な結果になっていたでしょうね」 レイゼルは笑って話す。

TVRグランチュラXPG 1
TVRグランチュラXPG 1

さらにシルバーストーンでは、ARDSアドバンスドという運転講習にも参加。「タイヤの摩耗を防ぐための、パワーのオン・オフに焦点を当てた内容で、とても役立ちました」

レイゼルの家族も、自宅で準備を進めていた。「わたしの兄弟が当時のレースチーム監督、ジョン・ワイヤーの役割をすることになりました。家族総出で、参加のサポートをしてくれました。走るには協力が必要でしたから」

フォードウォーター・トロフィーにはいつも素晴らしいクルマが集まります。アルファ・ロメオTZやフェラーリ275GTBが特に良かったです。経験豊かなレーサーも並ぶグリッドなので、20位くらいに入れればいいかな、と予選では考えていたのを覚えています」

「グッドウッドのサーキットでのライン取りは覚えていたので、走り出すとすぐに調子を掴めました。タイムアタックの時間は20分だけで、先行車のいないクリアラップを走るのは、かなり難しかったですね」

予想外だった予選6位

「イソ・リヴォルタの後ろに引っかかったのですが、パワー差で直線では離されました。それから追い越して、2周ほど攻めて走れました。ラヴァン・ストレートを下り、スクリーンを見ると5位に付けていたんです」

「クルマのために予選はそこで終わらせました。最終的なラップタイムは1分35.7秒で、結果は6位スタートです」 と笑顔のレイゼル。

TVRグランチュラXPG 1
TVRグランチュラXPG 1

そしていよいよグッドウッド・リバイバルの第2レース、フォードウォーター・トロフィー本番。TVRでの初レースという夢が現実となった。「ピータ・ブラッドフィールドは素晴らしいコーチでした。彼のアドバイスは、初めの数周は内側を走り、混戦を避けるというものでした」

土曜日の午前中に開かれるオープニングレースが、フォードウォーター・トロフィー。前日は心配でよく眠れなかったというレイゼル。しかし本番は好天に恵まれた。

ニオンフラッグが振り下ろされると、レイゼルも必死にスタート。ミニ・マーコスを追い越しながら、内側をキープした。充分に温まっていないタイヤを考え、マッジウィック・コーナーまでは抑えて走ったという。

「フォードウォーター・コーナー付近ではトップ集団を追いかけていました。そこでTR4は追い越しました。ところがMGBが4位に浮上。トップに近い位置だったので、熱くなりました」

MGに追い越されると、レイゼルはウッドコート・コーナーでマーク・サンプターがドライブするポルシェ911にも追い越される。そこから先は、2台が絡む順位争いが長く続いた。「目一杯のカウンターステアを当てる場面が何度かあり、一度順位を落としました」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記
×