【チンクエチェント EVに】新型フィアット500発表 サイズ/内装/スペック/航続距離

2020.03.05

サマリー

新型フィアット500が正式発表。EVになって鋭い目つきに。航続可能距離は320km。サイズ、内装、スペックをご紹介します。まずはカブリオレが登場。

もくじ

新型フィアット500 サイズ/航続可能距離
新型フィアット500 充電時間
新型フィアット500 内装
新型フィアット500 装備/欧州価格

新型フィアット500 サイズ/航続可能距離

text:Mark Tisshaw(マーク・ティショー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

新しいフィアット500が発表された。EVになって、2021年に登場する。

フィアット500は、イタリアのコンパクトカーのアイコンともいえるクルマだ。フィアットにとって信じられないほどの大成功を収めている。

新型フィアット500
新型フィアット500

新型のスタイリングに大きな違いは感じられないが、ボディの内側は大きく刷新されている。フィアット・クライスラー・オートモービル(FCA)としては初の純EVとなる。

アーキテクチャは新設計で、新しいフィアット500のボディは、全長と全幅で60mm大きくなった。全長が3630mm、全幅が1690mmとなる。全高は40mm高くなり、1530mmだ。

純EVのパワートレインは、118psの電気モーターと42kWhのリチウムイオン・バッテリーの組み合わせ。重要な航続可能距離は、WLTP値で320kmを主張する。

ちなみにコンパクトEVのライバルとなるミニ・エレクトリックの場合、29kWhのバッテリーで航続距離は231km。プジョーe208は339kmとなっている。

新型フィアット500は0-100km/h加速9.0秒と充分だが、0-50km/h加速でみると3.1秒とかなり鋭い。最高速度は149km/hだ。

 

人気記事