7月の日産の総生産台数、前年同月比95.3%

2013.08.28

日産自動車は、7月の国内生産台数、海外生産台数、国内販売台数、海外販売台数、輸出台数を発表した。

国内生産台数:102,237台 (前年同月比99.2%)
海外生産台数:273,179台 (前年同月比89.5%)
総生産台数 :375,416台 (前年同月比91.9%)

国内販売台数:62,122台 (前年同月比103.6%)
海外販売台数:352,619台 (前年同月比99.3%)
総生産台数 :414,741台 (前年同月比99.9%)

輸出合計台数:59,746台 (前年同月比96.3%)

国内生産は、主に北米向けの新型インフィニティQ50が台数増となったものの、国内でのエコカー補助金終了の反動による台数減のため、102,237台(同-0.8%)と前年実績を下回った。

海外生産は、273,179台(同-10.5%)と前年実績を下回った。米国は、主に昨年との夏季休暇の設定時期の違いによる稼働日数減により、41,233台(同-11.2%)と前年実績を下回った。メキシコは、48,500台(同-8.9%)と前年実績を下回った。英国は、32,311台(同-8.3%)と前年実績を下回った。スペインは、12,626台(同-6.5%)と前年実績を下回った。中国は、主に昨年との夏季休暇の設定時期の違いによる稼働日数減により、82,384台(同-17.9%)と前年実績を下回った。その他の地域は、56,125台(同+14.5%)と前年実績を上回った。

軽自動車を含む国内販売は、62,122台(同+3.6%)と前年実績を上回った。国内登録は、42,108台(同-6.2%)と前年実績を下回った。軽自動車は、主に6月6日に発売した新型デイズの好調な販売が貢献し、20,014台(同+32.9%)と前年実績を上回り、7月として過去最高を記録した。

米国は、主にアルティマ、パスファインダー、ローグ、リーフの台数増により、109,041台(同+10.9%)と前年実績を上回り、7月として過去最高を記録した。メキシコは、主にヴァーサ(日本名:ラティオ)とNP300(ピックアップトラック)の台数増により、20,432台(同+6.4%)と前年実績を上回るとともに、50か月連続で同国における販売首位となり、7月として過去最高を記録した。欧州は、51,786台(同-2.9%)と前年実績を下回った。中国は、90,859台(同+1.8%)と前年実績を上回った。その他の地域は、72,177台(同-10.6%)と前年実績を下回った。

関連テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事