【“実戦向き”高性能】GRヤリス試乗 RZハイパフォーマンスの走りは? RZ/RSと乗り比べ評価

公開 : 2020.11.24 05:50  更新 : 2021.12.27 23:52

「買い」か?

RZ系は実戦力の高い動力性能だが、体感回転数が低くなる3気筒ゆえもあってエンジンフィールがイマイチいかさない。

前席座面高がヤリスと大差なく、前端部が高いためクラッチ操作との干渉でドラポジが制限されやすい。とくにクッションが専用シートのRZハイパフォーマンスが気になった。

GRヤリスRZハイパフォーマンス(内装色:ブラック ウルトラスエード+合成皮革)
GRヤリスRZハイパフォーマンス(内装色:ブラック ウルトラスエード+合成皮革)    前田恵介

前席シート取付け周りはヤリス流用の感が強い。と多少の難はあるものの、コンパクト・スポーツとして出色の出来といっていい。

価格はRZハイパフォーマンスの456万円~RSの265万円。

RSを同エンジンのヤリスと比較すると100万円くらい高い見当になるが、カローラスポーツ・ターボの最上級仕様とは30万円くらい。

性能追求型の4WDスポーツなら、400万円以上は相場。

気軽に楽しむスポーツハッチを求める向きには価格的にも性能に対する考え方でも勧めにくいのだが、スポーツ度と走りの熟成度を考慮するなら納得できる価格設定である。

GRヤリスRZハイパフォーマンス スペック

価格:456万円
全長:3995mm
全幅:1805mm
全高:1455mm
最高速度:-
0-100km/h加速:-
燃費:13.6km/L(WLTCモード)
CO2排出量:171g/km
車両重量:1280kg
パワートレイン:直列3気筒ターボ1618cc
使用燃料:ガソリン
最高出力:272ps/6500rpm
最大トルク:37.7kg-m/3000-4600rpm
ギアボックス:6速マニュアル
駆動方式:4WD

GRヤリスRZハイパフォーマンス(プラチナホワイトパールマイカ)
GRヤリスRZハイパフォーマンス(プラチナホワイトパールマイカ)    前田恵介

GRヤリスRS スペック

GRヤリスRS
価格:265万円
全長:3995mm
全幅:1805mm
全高:1455mm
最高速度:-
0-100km/h加速:-
燃費:18.2km/L(WLTCモード)
CO2排出量:128g/km
車両重量:1130kg
パワートレイン:直列3気筒1490cc
最高出力:120ps/6600rpm
最大トルク:14.8kg-m/4800-5200rpm
ギアボックス:CVT
駆動方式:FF

GRヤリスRS(エモーショナルレッドII)
GRヤリスRS(エモーショナルレッドII)    前田恵介

記事に関わった人々

  • 執筆

    川島茂夫

    Shigeo Kawashima

    1956年生まれ。子どものころから航空機を筆頭とした乗り物や機械好き。プラモデルからエンジン模型飛行機へと進み、その延長でスロットレーシングを軸にした交友関係から自動車専門誌業界へ。寄稿していた編集部の勧めもあって大学卒業と同時に自動車評論家として自立。「機械の中に刻み込まれたメッセージの解読こそ自動車評論の醍醐味だ!」と思っている。
  • 撮影

    前田惠介

    Keisuke Maeda

    1962年生まれ。はじめて買ったクルマは、ジムニーSJ30F。自動車メーカーのカタログを撮影する会社に5年間勤務。スタジオ撮影のノウハウを会得後独立。自動車関連の撮影のほか、現在、湘南で地元密着型の写真館を営業中。今の愛車はスズキ・ジムニー(JB23)
  • 編集

    徳永徹

    Tetsu Tokunaga

    1975年生まれ。2013年にCLASSIC & SPORTS CAR日本版創刊号の製作に関わったあと、AUTOCAR JAPAN編集部に加わる。クルマ遊びは、新車購入よりも、格安中古車を手に入れ、パテ盛り、コンパウンド磨きで仕上げるのがモットー。ただし不器用。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

トヨタ ヤリスの人気画像