【ガルウイングの2台】デロリアンDMC-12とブリックリンSV-1 理想と現実のギャップ 後編

公開 : 2021.02.27 17:45

期待に届かないパフォーマンス

北米仕様では厳しい環境規制に合わせ、2849ccの排気量にも関わらず最高出力は131ps。短命に終わったデロリアンの、冴えない動的性能を決定づけた。

右足を目一杯蹴り込めば、0-97km/h加速はなんとか約10秒でこなせた。長い下り坂なら、180km/hくらいの速度に迫れた。サスペンションはソフト志向で、重たいリアエンドを支えるには役不足だった。

ブリックリンSV-1(1974〜1976年)
ブリックリンSV-1(1974〜1976年)

甘く見ればひどいというレベルではなかったものの、事前の触れ込みや期待は非常に高く、多くの人の失望は隠せなかった。発表当初は多くの注文が入ったが、ほどなく市場の反応は鈍くなった。

パワーユニットという点では、ブリックリンはまだアメリカンな血統を受け継いでいる。フォード製のV8エンジンは、サルーンのギャラクシーからクーペのマスタングまで、幅広く採用されていたものだ。

重々しいノイズで回るPRVのV6エンジンと比べると、ウインザーV8のノイズはドライで心地いい。こちらも厳しい環境規制に合わせて、最高出力は177psに絞られていたが、まだ気晴らしはできる。

最大トルクは39.1kg-mもあるから、リアタイヤを滑らせて楽しむことも無理ではない。ただし、白煙を挙げる勢いはあっても車重は1615kgあり、絶対的なパフォーマンスが高いわけではない。

ブリックリンの0-97km/h加速はデロリアンより2秒ほど鋭い。だが、カタログの最高速度では負けている。

関連テーマ

人気テーマ