【同エンジンのライバル】MGミジェットとトライアンフ・スピットファイア 1.5L 4気筒 後編

公開 : 2021.03.28 17:45

長距離の自動車旅行ならトライアンフ

スピットファイアは、ひと目で恋には落ちにくい。でも一度好きになれば、長い結びつきを構築しやすい。ミジェットから感じる瞬間的な魅力は、情熱の低下とともに冷めることもある。

MGミジェットもトライアンフ・スピットファイアも、最初期のモデルがベストかもしれない。でも、最後のモデルを否定するほどではない。

トライアンフ・スピットファイア1500(1974-1980年)
トライアンフ・スピットファイア1500(1974-1980年)

年代を重ねるごとに開発が続けられ、妥協もあったが改善も施されている。日常的な乗りやすさや快適性でいえば、初期のモデルを凌駕している。

どちらが大きな成功を収めたのか。Tタイプのミジェットは18年間で述べ35万4164台が作られた。一方のスピットファイアは、ほぼ同じ期間に31万4342台が作られている。

後期型のスピットファイア1500は9万5829台と、全体の3分の1。MGはトライアンフ・エンジンのミジェットを7万3899台製造し、割合は低い。勝敗を決めにくいほど、差は前後し小さかった。

長距離の自動車旅行を楽しい以上のものにしたいなら、トライアンフは自然なチョイス。でもスタートしてすぐに笑顔が欲しいなら、ミジェットの方が勝つと思う。搭載するエンジンには関係なく。

筆者の印象では、スピットファイアの方が多くの点でベター。より論理的な選択となる。だが17歳の頃は、MGミジェットの方が欲しかった。スピットファイアは大人な選択肢だった。筆者がまだ、ティーンネイジャーだったからかもしれない。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事