【6年の歴史に幕】ホンダNSX、生産終了 2022年12月に 最終仕様30台限定

公開 : 2021.08.03 10:58

ホンダNSX生産終了。同時に「NSXタイプS」を発表。全世界350台限定(国外320台/国内30台)

2代目ホンダNSX 6年の歴史に幕

text:AUTOCAR JAPAN編集部

2016年8月に発表した2代目NSXは、高い動的性能と、快適性、扱いやすさの両立を目指した。「人間中心のスーパースポーツ」という初代モデルが提案したコンセプトを継承している。

独自の電動化技術である3モーターハイブリッドシステムの採用により、エンジンだけでは達成することが難しい、新時代のスーパースポーツ体験(New Sports eXperience)を提案した。

ホンダNSX(2020年モデル)
ホンダNSX(2020年モデル)    ホンダ

2016年に登場した2代目モデルは、熟練した技術者の技と、革新的な先進生産技術との調和を実現させた米国の「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」で生産し、グローバルで供給してきた。

一方、1990年に販売を開始した初代モデルは、量産車として世界初となるオールアルミ・モノコックボディの採用により大幅な軽量化を実現。

当時の最先端技術を結集し、動力性能と運転のしやすさを高い次元で両立させた新世代のミドシップ・スポーツカーとして、世界中に受けた。

NSXタイプS 2代目最後のモデル

2代目NSXは、2022年12月をもってその歴史に幕を閉じる。

発表と同時に、ホンダは2021年8月に発表を予定している「NSXタイプS」の先行情報を、本日2021年8月3日に世界初公開した。

ホンダNSXタイプS。全世界で350台限定(国外320台/国内30台)の販売を予定。
ホンダNSXタイプS。全世界で350台限定(国外320台/国内30台)の販売を予定。    ホンダ

今回新たに投入するNSXタイプSは、今までのNSXを超えることを目指し、パフォーマンスとデザインを追求したという。

2代目NSX最後のモデルとなる。

NSXタイプSは、2代目NSXにおけるチャレンジの集大成として、さらなるパフォーマンス性能向上と精悍さや美しさを感じられる佇まいを追求したという。

「『走る喜び』や『意のままに操る』喜びの提供のみならず、『所有する喜び』を感じていただけることを目指し、これまでのご愛顧に対する感謝を込めた特別なモデルです」とホンダはコメントする。

限定カラーとなる新色のマットカラーを設定し、全世界で350台限定(国外320台/国内30台)の販売を予定している。

「すべての皆さまに心より感謝」

今回の発表に際し、ホンダは以下のコメントを残した。

「ホンダは、NSXで培った人材、技術などを今後のクルマづくり、モノづくりに生かすことで、来たる電動化や新たな価値を持ったモビリティの中でも、お客さまに引き続き「走る喜び」「操る喜び」を提供していくべく、チャレンジしていきます」

ホンダNSXタイプS。チャレンジの集大成として、さらなるパフォーマンス性能向上と精悍さや美しさを感じられる佇まいを追求したという。
ホンダNSXタイプS。チャレンジの集大成として、さらなるパフォーマンス性能向上と精悍さや美しさを感じられる佇まいを追求したという。    ホンダ

「最後に、NSXを愛してくださった、すべての皆さまに心より、感謝いたします」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×