ミニ、次世代3ドアを一部公開 2023年に発売予定 おなじみのプロポーション継承

公開 : 2021.11.04 18:25

ミニが2023年に発売予定の新型3ドアのプロトタイプを公開。デザインを改めつつ、EVも登場する予定です。

コンパクトなプロポーション

2023年に発売が予定されているミニの次世代3ドア・ハッチバックの姿が初めて明らかになった。このハッチバックは、2030年代初頭までに、新しいセグメントへの参入、生産プロセスの見直し、完全な電動化など、ミニの改革の先陣を切るものだ。

引き続き英国のオックスフォード工場で生産され、ミニは同工場を「ミニ・ブランドの本拠地」として今後も存続させていく。

公開された次世代3ドア
公開された次世代3ドア    ミニ

公開された車両には厳重なカモフラージュが施されているが、2000年にBMWから再出発して以来、その魅力の核となってきたコンパクトなプロポーションを維持していることは明らかだ。

しかし、ライトのデザインが刷新されていることから、ビジュアルは大きく変わるだろう。

このモデルには、これまで通り、内燃機関とEVの両パワートレインが用意される。ミニによれば、「高効率のガソリンエンジンとディーゼルエンジン」を搭載したモデルは、EVへの移行の準備ができていない「地域」に引き続き投入されるとのこと。

まだ確定していないが、5ドアのバリエーションも登場するようだ。新型3ドアは、全く新しいインテリアデザインを採用し、新技術を用いてパーソナライズの選択肢を広げる予定だ。

詳細は未定だが、ミニはインストゥルメントパネルの表面を「顧客の要求に合わせて調整できるキャンバス」のようにして、キャビンを自由にデザインできるようにすると述べている。

中国では新モデル製造も

新型の3ドアは、中国で開発される2台のコンパクトカーとともに登場する。そのうちの1台は「マイナー」で、もう1台はカントリーマン(クロスオーバー)の下に位置する小型SUVになると予想されている。

この2台の新型車は、長城汽車との合弁事業として、中国東部で製造される。2027年までに世界販売台数の50%をEVにするという目標に向けたモデルだが、内燃機関を搭載したモデルも発売される。ミニは2025年に最後の内燃機関モデルを発売する予定だ。

公開された次世代3ドア
公開された次世代3ドア    ミニ

そのほかにも、持続可能性を重視したコンセプトカー「アーバノート」が形を変えて市販化される可能性が高い。ミニは、「プレミアム・コンパクト・セグメント向けの新しいコンセプト」を開発中であり、そのコンセプトはアーバノートと同じように、室内空間、快適性、柔軟性を重視したものになると述べている。

高性能モデルであるジョン・クーパー・ワークス(JCW)でも、電動化が計画されている。ミニは、ホットなEVモデルを「集中的に」開発していると言う。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ミニ 3ドアの人気画像