シトロエンeベルランゴ、英国発売 航続距離280kmの電動ミニバン 7人乗りも

公開 : 2021.11.04 18:05

シトロエンのミニバン、ベルランゴのEV仕様が英国で発売。エンジン車と変わらない実用性を備えています。

人気ミニバンのEV仕様

シトロエンは、EVバンのeベルランゴの英国仕様を発表した。138psのモーターを搭載し、280kmの航続距離を実現している。

「フィール」と「フレアXTR」の2種類のモデルがあり、ボディ長に応じて5人乗りと7人乗りが用意されている。

シトロエンeベルランゴ
シトロエンeベルランゴ    シトロエン

価格は、英国政府の2500ポンドのEV補助金を適用した場合、2万9575ポンド(460万円)からとなっている。全モデルに50kWhのバッテリーを搭載し、最大100kWのAC充電に対応。空の状態から30分で80%まで充電することができる。

そのほか、リアパーキングセンサー、8.0インチのインフォテインメント・タッチスクリーン、2枚のスライドドア、アンドロイド・オートとアップル・カープレイを標準装備。エントリーモデルのフィールには、レーン・キーピング・アシスト、クルーズコントロール、速度制限認識機能付きスピードリミッターを備えたセーフティパックが装備されている。

フレアXTRは3万2280ポンド(約500万円)からで、10インチのデジタルメーター、ヘッドアップ・ディスプレイ、バックカメラ、17インチホイール、ブラックのルーフバーとドアミラー、オレンジ色のボディアクセントが特徴だ。

eベルランゴは、シトロエンの親会社であるステラティスが2025年までにラインナップを完全に電動化するという目標に沿って、今年発売する3台の電動ミニバンのうちの1台で、プジョーのeパートナーやヴォグゾールのコンボeライフと「e-CMPプラットフォーム」を共有している。

このプラットフォームは、ヴォグゾール・コルサe、プジョーe-208、シトロエンe-C4にも採用されている。

実用性や使い勝手は変わらず

eベルランゴには3つの走行モードが備わっている。ノーマルモードでは、モーター出力が日常的な運転に適した110psに抑えられている。エコモードでは、出力を83psに抑え、暖房やエアコンの使用を控えてエネルギーを節約する。パワーモードでは、138psのフルパワーを発揮する。

その他、デザインやインテリアは、ブルーのバッジやトリムのアクセントを追加しただけで、既存の内燃機関モデルとほぼ同じ。8.0インチのセンターディスプレイには、EV専用の表示モードが用意されており、ギアセレクターの代わりにEVドライブモードのトグルスイッチがある。標準では5人乗りだが、ロングホイールベース車には3列目のシートが追加され、両側のスライドドアから乗り降りできるようになっている。

シトロエンeベルランゴ
シトロエンeベルランゴ    シトロエン

「モジュトップ」と呼ばれるルーフライニングは、26個ある収納スペースのうちの1つであり、半透明のケース内に92Lの収納スペースを持ち、後部座席やトランクからアクセスできる。

また、パネルバンの商用車仕様も用意されている。

シトロエンのCEOであるヴィンセント・コベは次のように述べている。

「シトロエン・ベルランゴは、その実用性と使い勝手の良さで定評があります。最高のEV技術を採用することで、プロのユーザーにゼロ・エミッションのソリューションを提供します」

積載能力は内燃機関のモデルと変わらず、最大容量4400L、積載量800kgを実現している。

新型eベルランゴは現在、英国で注文を受け付けている。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

シトロエンの人気画像