新型スコダ・エンヤクiVクーペ 東欧生まれの電動クーペSUV 最大航続距離545km

公開 : 2022.02.01 18:25

スコダがエンヤクiVのクーペモデルを初公開。滑らかなルーフが特徴で、高性能仕様のvRSも導入されます。

スポーティな電動SUV 空力性能向上

チェコの自動車メーカーであるスコダは、昨年発売したEV「エンヤクiV(Enyaq iV)」のクーペモデルを公開した。

今年後半に欧州で発売予定のエンヤクiVクーペは、既存のエンヤクiVをベースにしたクーペSUVで、同じフォルクスワーゲン・グループのMEBプラットフォームを使用している。

スコダ・エンヤクiVクーペ
スコダ・エンヤクiVクーペ    スコダ

全長は4mm長く、全高は6mm高くなっており、デザイン上の主な違いはBピラーから後方に向かって鋭く傾斜したルーフラインだ。これによりラゲッジ容量は585Lから570Lに減少したが、空気抵抗の抗力係数を示すCd値は0.234となり、航続距離をわずかに伸ばしている。

標準のエンヤクiVには2種類のバッテリーが用意されているが、クーペには77kWhの大型バッテリーのみが用意される。10%から80%まで29分で急速充電可能だ。

スポーツかつエレガント クーペ専用デザイン

エントリーモデルは、リアモーター1基(最高出力204ps)を搭載し、航続距離は545kmとされている。また、ツインモーターを搭載した全輪駆動モデルも用意され、最高出力は265psとなる。

スコダ・エンヤクiVクーペは5月に欧州で発売され、8月に納車を開始する予定である。また、スコダのEVとしては初めて、高性能モデルの「vRS」も設定される(後述)。

スコダ・エンヤクiVクーペ
スコダ・エンヤクiVクーペ    スコダ

インテリアは、エンヤクiVと同様に13.0インチのタッチスクリーンと5.3インチのデジタルコックピットを備えているが、クーペ独自のデザインタッチや2種類の「デザイン・セレクション」が導入されている。また、オプションとして、2種類の専用カラー(フェニックス・オレンジとグラファイト・グレー)を選択可能だ。

スコダのトーマス・シェーファーCEOは、新モデルについて「スコダのiVファミリーにさらなるエモーション、スポーツスタイル、エレガンスをもたらす」とし、「エモーションと効率を完璧に融合し、エレガントなボディでもスコダらしい余裕のある空間を提供する」と述べた。

価格はまだ明らかにされていないが、82kWhバッテリー搭載のエンヤクiVが3万9465ポンド(約610万円)から販売されていることから、これより若干高く設定される可能性がある。

全輪駆動299psのフラッグシップモデル

エンヤクiVクーペには、スコダのEVモデルとして初めて、高性能モデルの「vRS」が設定される。

エンヤクvRSは、フォルクスワーゲンID.5 GTXと同様に、2基の電気モーター(前後に1基ずつ)を搭載して、299psと46kg-mを発揮し、0-100km/h加速6.5秒、最高速度179km/h(標準のクーペは159km/h)となっている。

スコダ・エンヤク・クーペvRS
スコダ・エンヤク・クーペvRS    スコダ

バッテリーは77kWhと変わらず、航続距離はまだ公開されていないが、同じクーペSUVであるID.5 GTXは1回の充電で476kmを走行できる。

サスペンションはフロント15mm、リア10mmローダウンされる。このセッティングは、「スポーツライン」モデルにも採用されている。ボディカラーには、新色のハイパー・グリーンをオプションで用意。

記事に関わった人々

  • 執筆

    ジェームス・アトウッド

    James Attwood

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

EVの人気画像