新型メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス 最強4ドア・クーペPHEV、欧州発売

公開 : 2022.02.01 19:05

メルセデスAMGは、同ブランド初のPHEVを欧州市場に導入。最高出力843psのメガサルーンです。

AMG最強モデル 電動化の幕開け

メルセデスAMGは、ポルシェパナメーラ・ターボS Eハイブリッドに対抗する最高出力843psのメガサルーンとして、新型GT 63 S Eパフォーマンス4ドア・クーペを欧州で発表し、電動化時代の幕開けを宣言した。

AMG初のPHEVであり、価格は17万3655ポンド(約2690万円)から。欧州では4月に納車開始予定で、2ドアのGTブラックシリーズの出力を113ps上回る最もパワフルなモデルとなっている。

メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス4ドア・クーペ
メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス4ドア・クーペ

ツインターボ4.0L V8ガソリンエンジンを搭載したGT 63 S 4ドア・クーペをベースに、204psの電気モーターをリアアクスルに積む「P3」と呼ばれるシステムを採用。F1のハイブリッド・システムに由来するレイアウトで、重量配分を最適化し、トルクを可能な限り素早く発揮するという。

AMGのどのモデルよりも強力なパワーと142kg-mを超えるトルクにより、0-100km/h加速はわずか2.9秒、最高速度315km/hを実現。昨年発売されたサーキット志向のGTブラックシリーズとほぼ同等のパフォーマンスとなっている。

6.1kWh、400Vのバッテリーの重量はわずか89kgで、「航続距離のためではなく、素早いパワー供給のために設計された」という。

1回の充電で12kmのEV走行が可能で、130km/hまでなら電気モーターだけで加速できるとされている。WLTP複合サイクルにおいて15.2km/lの燃費を達成し、CO2排出量は180g/km。

電気エネルギーは「常に利用可能」であり、コーナーからの素早い加速や迅速な追い越しを可能にすると言われている。回生ブレーキは、4段階の強度が設定され、走行状況に応じてワンペダルドライブも可能だ。

また、「各車輪の減衰力をわずか数ミリ秒で状況に応じて調整」できるライドコントロール+アダプティブ・サスペンションと、4WDシステム、リミテッド・スリップ・デフ、ESPの設定を制御し俊敏性を高めるダイナミクス制御システムが搭載されている。セラミックブレーキも標準装備。

専用装備でディテールアップ

標準モデルからのデザイン変更はわずかで、主に2ドアのGTをモデルにしたフロントバンパー、専用バッジ、新しいエグゾーストシステム、専用デザインの20インチおよび21インチホイールなど。それ以外は、標準のGT 4ドア・クーペとほぼ同じだ。

インテリアも同様で、MBUXインフォテインメント・システムに、EVインジケーター、リアルタイム電力消費情報、電気モーターのパワーゲージなど、ハイブリッド専用のディスプレイが多数用意されている。

メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス4ドア・クーペ
メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス4ドア・クーペ

AMGのフィリップ・シーマー会長は、次のように述べている。

「当社は、新型GT 63 S Eパフォーマンス4ドア・クーペによりブランドのDNAを電動化された未来に運んでいきます。そうすることで、AMGを常に特別で魅力的なものにしてきた独自の道を歩むことができるのです」

「アファルターバッハで開発されたこのパフォーマンス・ハイブリッドは、魅力的なドライビング・ダイナミクスを提供し、当社の新しいテクノロジーラベルである『Eパフォーマンス』にふさわしいものとなっています」

「この新しいコンセプトによって、我々はまた21世紀のパフォーマンス・ラグジュアリーブランドとしてのメルセデスAMGを体験する新しい顧客を迎え入れるのです」

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

メルセデスAMGの人気画像