日産ラティオをマイナーチェンジ

2014.10.22

日産は10月22日、コンパクト・セダン、ラティオにマイナーチェンジを施し、同日より販売を開始した。

今回のマイナーチェンジでは、デザインの一部変更、車体色、グレード体系、装備の見直しが行われている。

エクステリアではフロント・バンパー、フロント・グリル、ヘッドランプ、フード、リア・バンパーの形状を変更。インテリアではステアリング、センター・クラスター、助手席側のインストルメント・パネルの形状変更およびシート・クロスの変更も行われている。さらに最上級グレードであるGはセンター・クラスター・フィニッシャーとエアコン・パネルに深みのあるピアノ・ブラックを採用している。

ボディ・カラーはホワイトパール、バーニングレッドの2色を廃止し、ブリリアント・ホワイト・パール、ラディアント・レッド、ディープ・アイリス・グレーの3色を追加し、7色展開とした。

また、今回のマイナーチェンジにあわせ、エントリーグレードのBを廃止し、Sグレードと統合。X、Gとあわせて3グレードとしている。

装備面ではVDCを全車標準装備とするとともに、これまでXにはオプション設定となっていた後席ヘッドレスト&リア・センター・アームレスト(カップホルダー2個付)を標準装備とした。

価格は、1,460,160円から1,789,560円。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事