コラム&エッセイ

2018.09.10

社会人1年目、ポルシェを買う。

編集部より

皆さん、こんばんは。「社会人1年目、ポルシェを買う。」の上野太朗です。第73話は、さまざまな意味で、多くのひとの気持ちを揺さぶった(あるいは揺さぶってしまった)みたいです。それから1週間。何が起こっているのかをご報告いたします。

第74話:男は決めるよ。(その後)

第73話を公開してから

第73話では、
空冷ポルシェを買うために
シャカイチ号を売ると書きました。

多くの読者は驚かれたようです。
多くの空冷ポルシェのオーナーからは、
「ようこそ」というメッセージも届いた。
(買えるかどうかは、わかりませんが……)

「君に維持ができるのか?」という評注も
フェイスブックで、ひとりいただきました。
(わたしもまさにそのように思います……)

それからどうなったか。

僕も驚いているのですが、
ポーンというメール受信の音が、
ひっきりなしでした。

いま、お送りいただいた順番に、
ひとりずつ交信させていただいております。

新鮮な感じがする。寂しい感じもする。
でもワクワクとした気分も間違いなくある。
そんなふうに色んな気持ちが混ざりながら、
ひとつずつ着実に進んでいるところです。

また、なにかご報告することがでたら、
すぐに、ここに書かせていただきます。

※今回も最後までご覧になってくださり、
 ありがとうございます。

 今後とも、inquiry@autocar-japan.com まで、
 皆さまの声をお聞かせください。
 もちろん、なんでもないメールだって
 お待ちしております。

すべての画像をみる

AUTOCAR JAPAN 編集部 上野太朗

1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測という、いわばエリート・コース(?)を歩む。学生時代はフィアット・バルケッタ→ボルボ940エステート→アルファ・ロメオ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ・ロメオ156(V6)→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かした。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。
 
 
 

人気コンテンツ