【SVOの世界へ】ヴェラールSVAダイナミック、FペースSVR 英国で磨かれた理想のSUV

社会人1年目、ポルシェを買う。

2020.01.02

100字サマリー

「社会人1年目、ポルシェを買う。」の上野太朗です。幸運なことに、歴代911に(それも個性的な)、筑波サーキットのコース1000で乗ることができました。なかでも僕の記憶に残った3台について。

【社会人1年目、ポルシェを買う。】第101話:歴代911いっき乗り。

もくじ

一点の曇りもない動機
ドライブした5台の911
つよく記憶に残ったのは

一点の曇りもない動機

photo:Masakatsu Sato(佐藤正勝)

世のなかには、「太っ腹」なひとがいるのだ。

その人の名は倉田 典さんという。倉田さんは、シリコンバレーでのビジネスがひと段落して、日本にもどった。ポルシェ911(996)を買った。

ターンパイクで走らせると、ぜんぜんうまく曲がれなかった。本を読み、学び、練習した。独特な身のこなしが虜になった。

それで、じゃあ、ということで、空冷ポルシェをまとめて4台買った。計5台のポルシェの楽しさを、ほかのひとに味わってほしいと思った。筑波サーキットのコース1000を借り切って、一般参加者を募った。

これが本イベントの概要そのものである。じつにシンプル。「たのしいから味わってみてね」。それだけだ。

ポルシェセンター青山 世田谷(ポルシェ クラシック パートナー)の筒井さんから、この説明を受けたとき、ぼくはきょとんとした。

そんなおいしい話が……。

しかし行ってみて、倉田さんご本人に話を聞いて、筒井さんの前情報とおなじ、一点の曇りもない動機に目をしばたくしかなかった。

AUTOCAR JAPAN 編集部 上野太朗

1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測という、いわばエリート・コース(?)を歩む。学生時代はフィアット・バルケッタ→ボルボ940エステート→アルファ・ロメオ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ・ロメオ156(V6)→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かした。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。