クルマ漬けの毎日から

2020.02.11

100字サマリー

911カレラに試乗したクロプリー編集長。このエントリーグレードに大いに魅力を感じています。以前試乗して忘れられない964も、やはりシンプルな911でした。そこに宿るのは高い質感です。

【クロプリー編集長コラム】エントリーグレードの魅力、ポルシェ911カレラ

もくじ

Sの付かない「カレラ」
30年前 964でのドライブ
毎日楽しむ 質感

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

Sの付かない「カレラ」

短時間ではあったが、ロンドンの西にある私の好きな道路を濡れた状態で走り、素晴らしいひと時を過ごした。

試乗していたのは価格8万3000ポンド(約1187万円)の新型ポルシェ911カレラで、標準に比較的近い仕様だった。

Sではないこのエントリーグレードは、カレラSの標準よりも約1万ポンド(約143万円)安く設定されている。

30年前 964でのドライブ

なぜか私は、偉大なクルマのエントリーグレードが好きだ。

かつてタイプ964の一番安い911に乗って、ウェールズ中部を猛スピードで駆け抜けた時のことは、この先もずっと忘れないだろう。

あの時、お茶を飲もうと立ち寄ったカフェで、私に声をかけてきた人がいた。彼はクルマにとても詳しく、私が試乗していたポルシェのスタビリティには、大きな危険が潜んでいると指摘した。

というのも、そのガーズレッドの964に装着されていたのは、ホエールテール(クジラの尾)と呼ばれる大型スポイラーではなかったからだ。私は映画のヒーローのように危険な走りはしないが、それでもこの時、十分に飛ばして走った。そして、素の964を満喫したのだ。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。