Juju(野田樹潤)ブログ

2020.04.17

【Juju(野田樹潤)ブログ】第29話:ハッピーな2つのお知らせ 開幕戦にむけて絶好調

想像以上のいいタイムにビックリ!

自分的には、「えっ!?」って思うぐらい、とってもいい状態に仕上がっていたんです!

中古のタイヤだったけれど、予選タイムが59秒ぐらいと、想像以上にいいタイムが出てビックリ!

お父さんも、「順調すぎて、逆に気持ちわるいぐらいだね」っておどろいていました。

シェイクダウンのときのマシンの仕上がり具合って、理想が100%だとしたら、だいたい50%以下くらいで、そこから細かく調整していくのがふつうなんです。

それが、今回は70%ぐらいの結果が出ているので、「非常にいい滑り出し」ということでした。

いい結果が出た理由としては、2月の遠征データをとったこともよかったし、そのデータをテストカーに応用できたこともよかったみたいです。

メカニックのみんなの経験がマシンに生かされてるし、チーム全体としてもすごくいい雰囲気なんですよ。

そんな勢いに乗ってなのか、もう1ついい出来事がありました。

レーシングドライバー Juju(野田樹潤)

2006年生まれ。父は元F1レーサー野田英樹。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビューを果たす。11歳になり、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」に出場。4月の開幕戦ではFIA-F4のコースレコードより0.9秒速い、1分32秒8で優勝。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」。2018年からインターナショナルスクールに通い、F3への挑戦が始まっている。
 
 
 

人気記事