社会人1年目、ポルシェを買う。

2020.05.04

サマリー

「社会人1年目、ポルシェを買う。」の上野太朗です。シャカヨン号(1979年式ポルシェ911 SC)のリアフードの塗装がポロリと剥がれました。悩んだ結果、もっとも手軽な方法で乗り切ることにしました。

【社会人1年目、ポルシェを買う。】第110話:リアフードの塗装もポロリと剥げた。

もくじ

水洗いは、たまに
全塗装は、いつか

水洗いは、たまに

シャカヨン号(1979年型ポルシェ911)は基本的に
あまりびしゃびしゃと水をかけて洗車をしない。

防錆がすすんだ年式であるものの、
水をたっぷりかけるのは気が引けるのだ。

ほとんど雨の日は乗らないうえ、
パレット式駐車場の下の段(通常時は地下に格納)
という環境から、泥だらけにならないということも
拭き掃除あるいは簡単な水洗いで済む理由である。

もちろん定期的に水洗いはする。
すこしずつ汚れは蓄積していくものだし
なにより水をたっぷりかけて洗車するのは
すっきりした気持ちになるから好きだし
クルマもよろこんでいる気さえする。

というわけで
いつものコイン洗車場で隅々まで洗った。

併設の自販機の、なんの変哲もない缶コーヒーが
洗車後の自分へのごほうびだ。

ボディはきらきらと日光を跳ね返しながら
まわりの風景を鏡のように映している。

ところが……。

リアフードに、黒い点。虫かな?
あれ、指で払っても落ちない……。
そっと指でなぞっていると、
ああ! 塗装が剥げているではないか。

わぁ……。
AUTOCAR JAPAN 編集部 上野太朗

1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測という、いわばエリート・コース(?)を歩む。学生時代はフィアット・バルケッタ→ボルボ940エステート→アルファ・ロメオ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ・ロメオ156(V6)→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かした。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。
 
 
 

人気記事