社会人1年目、ポルシェを買う。

2020.05.02

サマリー

「社会人1年目、ポルシェを買う。」の上野太朗です。ポルシェ911 SCのチャームポイントとも言えそうなバンパーの蛇腹の横、タイヤ側のパーツの塗装がポロポロと剥がれはじめました。カワナさんを訪ねました。

【社会人1年目、ポルシェを買う。】第108話:塗装がポロポロ剥げだした。

もくじ

「蛇腹」付近の塗装がポロポロと
塗装ポロポロ現象の原因は……

「蛇腹」付近の塗装がポロポロと

シャカヨン号(1979年式911 SC)の
「蛇腹」付近の塗装がポロポロと剥がれていた。

いわゆるビッグバンパーの「付け根」部分の蛇腹は
もちろん見掛け倒しのものではなく
実際に受けた衝撃を吸収して縮む仕組み。

人間の手で押してもビクともしないばかりか
そもそもバンパーでスネなんかを打ったりしたら
痛くて転げ回るだろうことが、
かんたんに想像できるほど硬い硬い材質でできている。

当時はこのバンパーの見た目について
いろいろな議論を呼んだらしい。

僕は、フックスホイールが黒なので
窓枠やドアノブ、ドア下が黒系の色であるから
蛇腹も同じように黒系でアクセントになるね
といったくらいの感想しかない。

時代を反映したデザインというか機能は
それがどんな見た目であれ今となっては愛らしい。

その蛇腹のタイヤ側はボディ同色の白なのだけど
そこがポロポロポロと剥げ落ちはじめたのである。

メイン画像も、よーく見れば剥げているのがわかる。

運転上達車(2台目)の話をしたばかりに……。

というわけで、ボディショップカワナに入庫した。

AUTOCAR JAPAN 編集部 上野太朗

1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測という、いわばエリート・コース(?)を歩む。学生時代はフィアット・バルケッタ→ボルボ940エステート→アルファ・ロメオ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ・ロメオ156(V6)→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かした。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。
 
 
 

人気記事