イベント・レポート

2017.11.26

SHCC大磯ミーティング2017 「湘南ヒストリックカークラブ」のジムカーナ

編集部より

長い歴史を持つ「湘南ヒストリックカークラブ」が大磯で開く恒例のジムカーナが行われました。タイムという目標と仲間の存在が長続きする秘訣?

text & photo:Kentaro Nakagomi(中込健太郎)

湘南に定着したイベント

湘南の地で、クラシックカーを愛する、そんな人たちの集いが湘南ヒストリックカークラブ(SHCC)だ。年に2回のジムカーナ大会形式のミーティングを活動の中心にしていて、その歴史は古い。今回で58回目を数えるSHCCのミーティングにお邪魔した。


大磯ロングビーチの駐車場に設けられた特設コースには朝から大勢の参加者が集合。エラン、ヨーロッパといったロータスをはじめとした英国車や、懐かしい国産モデルなどを中心に、1台1台決められたコースを本気で走り、そのタイムを競っていた。

どこか遠いところへ出かけるツーリングやクラシックカーラリーとも、参加者が三々五々クルマを乗り付けては車種ごとに並べるミーティングとも異なる、地元の「いつものスペース」で真剣勝負をするというスタイルのミーティングは、そう言われてみれば数ある自動車イベントの中でもユニークな存在だといえるのではないか。


少しでも速いタイムを出したい! そんな参加者たちの走りはギャラリーをも熱くさせ、視線をくぎ付けにし、実際に走る参加者と見学に訪れた人たちも巻き込んで独特の一体感が生まれていた。

またこうしたモータースポーツ、公道ではない場所の開催となるため、ビギナーや若い参加者にとっても愛車と向き合う格好の機会になる。ベテランもビギナーも真剣に取り組め、楽しめるイベントだ。次回は2018年5月27日に開催される予定になっている。


■SHCC公式ウェブサイト

当レポートをスライドショー形式でご覧になりたい方は、記事下のリンクをご利用ください。
 

next page48枚の写真で「SHCC大磯ミーティング2017」詳細レポ

すべての画像をみる

 

人気コンテンツ