アルピナの「味」を言語化 SUVにも? XD3で感じた「新しい古典」

公開 : 2023.10.27 15:40

アルピナXD3で長距離を走らせ、アルピナのレシピ=味の秘密を探り、SUVでもそれを持ち合わせるか、確かめます。

もくじ

SUVでも健在、アルピナのレシピ
ディーゼルらしからぬアルピナの仕立て
スロットルで掌握するドライバビリティ
「いつかはアルピナ」ではなく今こそ

SUVでも健在、アルピナのレシピ

AUTOCAR JAPAN sponsored by Nicole Automobiles

1泊2日でアルピナをドライブする。しかもモデルを選べるというので、色々と悩んだ末XD3を指名してみた。

その理由は強い個性派がひしめき合う現在のアルピナのラインナップ中で、個人的な記憶が少し薄れつつあったからである。

BMWアルピナXD3として2代目となる現行モデルは、3代目のBMW X3(G01型)をベースとしてアルピナ化されたもの。昨年LCIが施され後期型になっている。

2015年、初代BMW アルピナXD3ビターボの誕生は驚きを持って迎えられた。リムジンのイメージが強かったアルピナがSUVを手掛ける。それは前例のない出来事であり、ファンは「SUVモデルでもアルピナの味を表現できるのか?」という点を注視したのである。

だが心配は杞憂に終わった。XD3はすぐに市場に受け入れられ、アルピナの総生産台数は1割強ほど上乗せされることになったのだ。

「ALPINA」のロゴを掲げるフロントのチンスポイラーにはじまり、車体の側面を引き締めるデコストライプ、そして20本の精緻なスポークが放射線状に広がるアルピナ・クラシック・ホイールが路面を掴むようなスタンスもアルピナのレシピに則ったものといえる。

センターコンソールに「238」というプロダクションナンバーが記されたプラークが輝くXD3を駆り、われわれは西へと向かった。

アルピナXD3 公式サイトをみる

記事に関わった人々

  • 執筆

    吉田拓生

    Takuo Yoshida

    1972年生まれ。編集部員を経てモータリングライターとして独立。新旧あらゆるクルマの評価が得意。MGBとMGミジェット(レーシング)が趣味車。BMW 318iコンパクト(E46)/メルセデスBクラスがアシグルマ。森に棲み、畑を耕し蜜蜂の世話をし、薪を割るカントリーライフの実践者でもあるため、農道のポルシェ(スバル・サンバー・トラック)を溺愛。
  • 撮影

    小川亮輔

    Ryosuke Ogawa

    1986年生まれ。幼少期から父親の影響でクルマに惹かれている。独身時の愛車はシボレー・コルベットC5 V8 5.7Lのミレニアムイエロー。現在はレンジローバーV8 5.0L(3rd最終型)に家族を乗せている。2022年、SNSを通してAUTOCAR編集部の上野太朗氏に発掘される。その2日後、自動車メディア初仕事となった。instagram:@ryskryskrysk
  • 編集

    上野太朗

    Taro Ueno

    1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測というエリート・コース(?)を歩む。学生時代はボルボ940→アルファ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ156→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かす。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。

関連テーマ

おすすめ記事