海外試乗

2017.04.17

トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)は実力派 ただ楽しいかどうかは別問題 1.5ℓを試乗

トヨタ・ヤリス1.5 VVT-iE

テスト日 : 2017年04月11日

価格 : £17,495(238万円)

文・ローリー・ホワイト 

[編集部より]

あたらしくなったトヨタ・ヤリス(日本名:ヴィッツ)。実力はたしかなようですが、AUTOCARの評価軸は「たのしいか?」です。そうなると、なかなかうまくはいかないようです。

■どんなクルマ?

フル・モデルチェンジと言ってもいい?

トヨタの最新型ヤリス(日本名:ヴィッツ)は、外観が変わっただけでなく、目に見えない部分に、同社が約100億円を投じて開発した900個以上もの刷新された部品を使っている。

なかでも、1.33ℓVVT-iに代わって搭載された、よりパワーがあり経済的な1.5ℓVVT-iEガソリン・エンジンも注目すべきポイントだ。

最も注目を集めるのは、このクラスでは珍しいフル・ハイブリッド・モデル。ハンドリングを改善するために、パワー・ステアリング、アンチ・ロールバー、ドライブシャフト、エンジン・マウント、ダンパー、そしてフロント・サブフレームに改良を施したという。

208psを誇るホットハッチと呼ぶべき、1.8ℓガソリン・スーパーチャージャー付きのGRMNヤリスは、英国では後ほど追加される予定のようだ。

内装も変わっている

トヨタは、ダッシュボード素材のグレードを上げ、標準で付くインフォテインメントと安全装備の向上を図った。

同時に、トリムの選択肢や特別注文の内容を大幅に刷新している。評価すべき内容である。

施された改良の積み重ねが功を奏し、同クラスのライバルであるフォード・フィエスタなどを遂に超えることができるのであろうか?

next page数値上よくなったエンジン 印象は?

 
最新初試乗

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧