レンジローバー・ヴェラール試乗 ファーストエディションP380、豪華装備で顔見世興行

2017.09.20

どんな感じ?

手軽に引き出せるパフォーマンス

このクルマの大きなフロントシートは、極めて掛け心地が良く、4つのモードのマッサージ機能を備える。多くのスクリーンがそつなくフィットし、ソフトな感触の素材で仕立てられたヴェラールのインテリアは、これ以上のものを求めるまでもないほど素晴らしい。

最初に座ったのがフロントシートであるか、リアシートであるかの問題ではなく、このキャビンに座った瞬間に、ヴェラールというクルマの本質を理解できるであろう。


ジャガーF-PACE Sと共有するこのクルマのV6エンジンは、380psのパワーと45.9kg-mのトルクを発揮し、ZF製の8速自動変速機を介して、通常の走行では後輪へより多くを不均等配分する四輪駆動システムへ伝えられる。因みに、F-PACEとは、アルミ車体ストラクチャーも共有する。

このタフなSUVのパフォーマンスを引き出すために、多くの努力は必要ない。例えば、F-タイプに必要なそれと比べても、比較のしようがないほど手軽なのである。

パドルで操作することもできる、俊敏な変速機は、積極的にドライブを楽しみたいという気にさせてくれるが、それは、パフォーマンスカーに乗っている時のそれと異なり、立ち上がりでアクセルを全開するような衝動に駆られる事はない。燃費を気にするから、というわけではないが。

 
最新試乗記