海外試乗

2017.10.13

ロールス・ロイス新型 ファントムVIIIに試乗 そもそもの思想、異なる

ロールス・ロイス・ファントム

テスト日 : 2017年10月04日

価格 : £360,000(5335万円)

文・マット・プライヤー 

[編集部より]

ロールス・ロイス2018年型に試乗しました。作りが一級品であることは間違いありませんが、何より、ものづくりにおける「思想」の違いに注目です。

もくじ

どんなクルマ?
「ファントムは、ファントムの中のファントム」
軽量化は「二の次」 洗練性/ライド重視

どんな感じ?
ファントムVIIIの内外装 どう変わったか
走らせる前に、語るべき多くのことがある
機敏ではないが精確 室内は静寂のひとこと

「買い」か?
すべてが完ぺきではない しかしそれ以上もない

スペック
ロールス・ロイス・ファントムのスペック

どんなクルマ?

「ファントムは、ファントムの中のファントム」

これが8代目のロールス・ロイス・ファントム。ファントムの後ろにグレード名などは続かない。唯一、ローマ数字で賢く見える「VIII」だけだ。

どんなに長く居座った王様であっても、いずれは新しい王様へと入れ替わる。新しいファントムには、どんな点が旧型から受け継がれたのか、気になるところだろう。

「ファントムは、ファントムの中のファントムなのです」とロールス・ロイス社のCEOトーステン・ミュラー・エートベッシュは語る。(もしかすると、もう一度ファントムと繰り返していたかもしれない)

いずれにしてもこのクルマは取締役や最高権力者、王子のためのモデルであることは変わりない。

今後すべてのモデルは、新しいファントムのプラットフォームをベースとすることとなる。ロールス・ロイスには不釣り合いな、BMWのプラットフォームを広げて利用することはもうない。

ゴーストやレイス、ドーンも、いずれ置き換わるであろう。またSUVプロジェクトのカリナンでは、このアルミニウムのスペースフレームをベースにファントムより30%ねじれ剛性を高め、サスペンションやミッションのマウント付近など主要部分では100%も剛性を向上させている。

エンジニアリング部門のディレクター、フィリップ・ケーンによると、アルミを用いる車体は手作業で組み立てられ、ホワイトボディは「偶然」軽量化されたそうだ。

偶然?

「われわれにとって、軽量化は最優先事項ではありませんからね。ボディ剛性を向上させることの方が重要なのです」

剛性向上のメリットをロールスは以下のように主張する。

next page軽量化は「二の次」 洗練性/ライド重視

 
最新初試乗