三つ巴スーパースポーツ対決 911ターボとライバルたち 前編 回顧録

2018.11.03

動力性能に大きな差なし

もちろんその反面、ドライバー本人にその気がありさえすれば、GT-Rはいつでもその実力を存分に発揮することができる。このクルマがその秘めたパワーを全開にする時は、常に度肝を抜かれる瞬間であり、それは何度経験しても慣れるとか飽きるとかいうことはない。

非常に高いレベルのトラクションとグリップ、それに純然たる加速力により、GT-Rは常軌を逸した強烈な瞬間を、いつでもドライバーの思うがままに引き出すことができる。3速でフル加速を掛ける際には、通過した路面にどれほど見事なブラックマークが伸びているか、思わずバックミラーを確認せずにはいられないほどだ。

もっとも、今では911ターボも同様に、正気を失うような加速をウェールズの山岳道路で行うことができるようになった。その点ではV10を搭載するアウディR8も引けを取りはしない。つまりGT-Rの行く手にあるすべてをなぎ倒して走り抜けるような能力は、もはやそれほど突出したものではなくなっているのである。

アウディのステアリングは911ターボほど甘美な感触ではなく、またマニュアルのギアボックスは、他の2台が装備しているDSGトランスミッションに比べたら大幅なハンデと言わざるを得ない。

 
最新試乗記