海外試乗

2019.01.03

ロードテスト メルセデス-AMG CLS53 ★★★★★★★★☆☆

メルセデス-AMG CLS53 4マティック+

テスト日 : 2018年9月26日

価格 : 7万4050ポンド(1036万円)

編集部より

3代目となった4ドアクーペ、CLSに初めてハイブリッドシステムが搭載されました。環境性能だけでなく、AMG製の強力なエンジンとの相性も良好といえそうです。最近追加されたAMG GT 4ドアクーペとの関係性も気になります。

もくじ

はじめに
意匠と技術 ★★★★★★★★☆☆
内装 ★★★★★★★★☆☆
走り ★★★★★★★★☆☆
使い勝手 ★★★★★★★★☆☆
乗り味 ★★★★★★★★☆☆
購入と維持 ★★★★★★★★☆☆
スペック
結論 ★★★★★★★★☆☆

はじめに

世界はメルセデス-AMG製のハイブリッドシステムを搭載した、ハイパフォーマンスなグランドツアラーを迎え入れる準備が整っているだろうか。あるいは、メルセデス-AMG製自慢の荒々しいV8とは異なる魅力に、気付くことはできるだろうか。10年前なら、現実味のない問だったかもしれない。いまもさほど大きな変化はないかもしれないが、状況は変わりつつある。

メルセデス・ベンツ社によるハイパフォーマンス・ブランドは目下、1000ps以上を誇るハイブリッド・ハイパーカー「ハロ」の開発で、最終段階に入っているはず。同時に、新しいハイブリッドシステムを搭載したクルマをショールームに複数準備する計画も進んでおり、AMGのオーナーや、オーナー予備軍にとっては興味深い動向に違いない。

そして今回ロードテストに登場するのが、アッファルターバッハ製のハイブリッドシステムを初めて搭載したクルマとなる。モデルとしてはC257というコードネームを持つ、3世代目のメルセデス・ベンツCLSをベースにした、メルセデス-AMG 53だ。

メルセデス製のハイブリッドシステムは、スーパーサルーンとしての資格に不足のない結果を、AUTOCARのロードテストで示すことができるのだろうか。そもそもCLSのみが、メルセデス-AMGのハイブリッドシステムを搭載するモデルではなく、E53クーペやコンバーチブルでも選ぶことができる。好印象な3.0ℓ直列6気筒エンジンに電動モーターが組み合わされるシステムで、ボディタイプを問わず、最高出力や瞬発力、経済性、環境負荷に大きな違いはない。

メルセデス-AMGは今のところ、エンジンを縦置きしたクルマの派生モデルとして、「53」の数字を付け、ハイブリッドをラインナップしているようだ。「43」や「63」に搭載されることはない。よりトラディショナルなサルーンにハイブリッドが搭載されることは、しばらくないのかもしれない。

 

意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 使い勝手 ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

next page意匠と技術

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ