【詳細/価格は?】メルセデス・ベンツ新型CLS発表 デザイン新たに

公開 : 2021.09.11 18:25  更新 : 2021.09.11 18:50

メルセデス・ベンツ日本は、新型「CLS」を発表し予約注文の受付を開始しました。納車は2022年第1四半期を予定。

デザイン刷新 CLS登場

編集:AUTOCAR JAPAN編集部

メルセデス・ベンツ日本は、新型「CLS」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて、予約注文の受付を開始した。納車は、2022年第1四半期を予定しているという。

2004年に登場した「CLS」は、走行性能や安全性、快適性といったメルセデス・ベンツの基本的価値を備えながら、「美しく魅惑的であること」を追求した感性に強く訴えかけるデザインコンシャスなモデル。

メルセデス・ベンツCLS 220dスポーツ
メルセデス・ベンツCLS 220dスポーツ    メルセデス・ベンツ

新型CLSは、グリルを中心とするフロントエンドのデザインが変更されたほか、快適性を高める装備が追加された。

流麗なエクステリア

「CLS」のエクステリアは、緩やかにアーチを描く高いウエストラインと、なだらかな流線形のルーフライン、そしてそれらにより創出される細いサイドウィンドウにより、エレガントかつスポーティなクーペスタイル。

メルセデス・ベンツデザインの基本思想「Sensual Purity(官能的純粋)」に基づきデザインされた新型「CLS」は、フロントエンドを中心に刷新。

メルセデスAMG CLS 53 4マティック・プラス・エディション1
メルセデスAMG CLS 53 4マティック・プラス・エディション1    メルセデス・ベンツ

「CLS 220dスポーツ」と「CLS 450 4マティック・スポーツ」は、ダイナミックで下部が広がる台形型に、マットクローム仕上げの小さなスリーポインテッドスターが無数に散りばめられた、シングルルーバータイプの「スターパターングリル」を採用。

ホイールデザインも一新し、「CLS 450 4マティック・スポーツ」ではホイールサイズが19インチから20インチへ変更となった。

「メルセデスAMG CLS 53 4マティック・プラス」は、縦にルーバーが入った AMG専用ラジエーターグリルへと変更となり、ワイド感あるバンパーとともに、スポーティな印象を強めた。

新しく設定された「カーボンパッケージ」では、ドアミラー、スポイラーリップ、トリムなどがカーボンに変更され、レッドブレーキキャリパー、マットブラックペイント20インチAMG5ツインスポークホイールが装着される。

AMGダイナミックセレクトには、「レース」モードが追加。外装色は、新たに加わった「スペクトラルブルー」をはじめとする全10色から選択可能。

「CLS 220dスポーツ」と「メルセデスAMG CLS 53 4マティック・プラス」には、「Individualizationプログラム」(受注生産)が新たに設定され、従来、メルセデス・ベンツのラインナップの中でも一部モデルでのみオーダー可能だった「コートダジュールライトブルー」と「テイデライトグレー」を含む6色から選択可能となった。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×