回顧録 550ps級サルーン対決 CLS63AMG vs パナメーラ・ターボS

2019.02.02

サマリー

メルセデスのCLS63 AMGは、スペックで見比べるなら、700万円以上も高価なパナメーラとほぼ同等の運動性能を誇ります。比較テストの結果、確かにパナメーラの完成度は高いものの、ケイマン1台に相当する価格差を正当化できるほどの差はなさそうです。

もくじ

並外れた動力性能を試す
ケイマン1台分の差額
内側が魅力のパナメーラ
攻撃的な走りのCLS
駆動方式による違い
CLSの方が楽しめる
快適性で優るパナメーラ
ポルシェの方がメルセデス的
価格差踏まえCLSの勝利

並外れた動力性能を試す

(AUTOCAR JAPAN誌102号の再録)

開けた道と不順な天候──ポルシェ・パナメーラ・ターボSに乗っている最中、そのたったふたつの条件が揃っただけで、船底から逃げ出すネズミの気持ちが理解できる。前者はバカンスシーズンの英国ではなかなかお目にかかれないが、後者はそれが日常だから、実質的にはほぼ唯一の条件と言ってもいい。

誓ってもいいが、そんな環境下にあるパナメーラのコクピットでそれなりの時間を過ごしたら、まず間違いなく値段に対する不満、あるいは後部にふと視線を向けるたびに頭をよぎる「どこかスタイリングに少しはマシなところはないのか?」といった疑問がふつふつと湧き上がってくるのを、きっとわたしは抑えきれないはずだ。

これだけのサイズと質量を持ったクルマでは、いかに道が開けていようとも、雨に見舞われてしまったらなすすべはない。4カ所のゴムでこの惑星とつながっている乗り物ならできてしかるべき身のこなしもままならないのが現実だ。それはパナメーラのなかでも最高位に立つ、並外れた性能を誇るターボSでも例外ではないのである。

われらが編集部のスタッフは、クルマに乗るのが大好きだ。4人が快適に乗れて、しかも右足のつま先をちょいと動かすだけで、少なくともそのうちの3人にたっぷりと恐怖を味わわせることのできるクルマが見つかったなら、一同大喜びだろう。ただしそれは、われわれがまだ自分たちの物言いに「激辛」の称号をいただいていなかった頃の話である。いまならどうか? 「それだけで満足なのか?」のひと言だ。

 
最新試乗記

人気記事