海外試乗

2019.01.16

長期テスト マクラーレン570GT(最終回) 素晴らしいグランドツアラー

マクラーレン570GT

価格 : 17万8735ポンド(2485万円)

文・マット・バード 

素晴らしい走り サウンドには不満

キャッツアイを踏んだ時のショック以外、高速道路での570GTに文句のつけようはなく、街中では他のクルマや歩行者の注目の的だった。さらに、ブレコン・ビーコンズへと駆け上ってみれば、本物のスーパーカーであることを証明してくれたのだ。

そして、570Sとほとんど変わらないように見えるが、この旅では、570GTのややソフトなキャラクターが役に立った。

このクルマの運転はどんな場所でも喜びでもあり、それはウェールズでも、単なる通勤路でも、そして友人を乗せてその辺をただ走り廻ったり、高速道路を飛ばしても変わることはなかった。

570GTには、素晴らしくフィールに溢れた油圧アシストのステアリング、驚異的な視界と見事な乗り心地をもたらす優れたホイール&ボディコントロール、さらには、容易に達成可能な驚くべきスピードといった、いまやマクラーレンの真骨頂とでもいうべきものが備わっている。


それでも、このクルマがマクラーレンでもっとも大人しいモデルだというのだから信じられない。ターボラグはあるものの、それでも570GTは驚異的で容赦のない、病みつきになるような加速を見せ、マクラーレン自社製デュアルクラッチギアボックスとのマッチングはまさに完ぺきだ。

だが、例え570S用に開発された3240ポンド(45万円)のスポーツエグゾーストを選択しても、エンジンサウンドだけは物足りない。ターボの迫力は感じさせるが、V8らしいドライバーの血を熱くするようなものではないのだ。

next page好意的な眼差し インテリアは要改善

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ