海外試乗

2019.01.05

ロードテスト メルセデス・ベンツXクラス ★★★★★★★☆☆☆

メルセデス・ベンツXクラス X250D プログレッシブ 4マティック

編集部より

ラグジュアリーなピックアップ・トラックと聞くと、成立しないようにも思えますが、メルセデス・ベンツはそんなニッチモデルに挑戦しました。実用性を犠牲にせず、優れた上質さは得ているものの、いわゆるSUVと並ぶ走りにまでは至っていないようです。

もくじ

はじめに
意匠と技術 ★★★★★★★☆☆☆
内装 ★★★★★★★☆☆☆
走り ★★★★★★★☆☆☆
使い勝手 ★★★★★☆☆☆☆☆
乗り味 ★★★★★★★☆☆☆
購入と維持 ★★★★★★★★☆☆
スペック
結論 ★★★★★★★☆☆☆

はじめに

今回取り上げるクルマは、世界的なプレミアムブランドが生み出したピックアップ・トラック。世界中の国の人々が待ち望んでいた、革命的な小型商用車として受け入れられるのか。はたまたチョコレートでできたティーポットや、拡縮自在のダーツボードのように、意味のなさない冗談なのか、読者の第一印象はどちらだろう。

世界で最も古いプレミアムブランドなら、荷物で汚れる荷台を持った実用車を、富裕層が欲しがるようなラグジュアリー・ビークルに仕立てることはできるのだろうか。そもそもこんなピックアップを買うひとは、ピックアップというスタイルを欲するのか、実用性が目的なのか、疑問は膨らむ。

そんなメルセデス・ベンツXクラスが今回のテーマ。グレードは中間に位置する、X250dで、2018年にモデルルームにお目見えしたばかり。このクルマをヨーロッパのプレミアムブランドとしては初めてとなる、ミドルサイズのピックアップ・トラックだとメルセデスは主張する。しかし、フォルクスワーゲンがアマロックによって、「ライフスタイル・フラットベッド」と呼ばれる、ピックアップのあるひとつ上の暮らしを提案したことは、見逃せない事実だと思う。

反面メルセデスも、SUVに関しての実績は少なくない。なにしろ俊足を誇るゲレンデ・ヴァーゲン(写真:日本では珍しいピックアップ)がセレブの間ではファッションアイテムのひとつにまで成長しているのだから。

それでは、このクルマの場合はどう見られるだろう。特に、ルノー・日産・三菱とのジョイントベンチャーから生まれたクルマであり、プラットフォームは日産ナバラやルノー・アラスカンと共有しているのだ。

この冗談じみたメルセデス・ベンツが、ライフスタイルや日々のドライブを新鮮なものにしてくれるのだろうか。ピックアップ・トラックは、やはり実用主義の道具なのか、あるいは大型のファミリーカーの代替となる洗練性を備えられるのか。もやもやした気持ちを晴らしてみたい。

 

意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 使い勝手 ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

 
最新初試乗

人気コンテンツ