新型ポルシェ911(992) 日本人ジャーナリストの評価 島下泰久編 海外試乗

2019.05.28

100字サマリー

新型ポルシェ911(992)を海外で試乗した日本人ジャーナリストのインプレッションです。今回は島下泰久が試乗。カレラSとカレラ4Sにバレンシアでトライしました。

もくじ

992、通算8世代目の911
カレラSとカレラ4Sの差はごくわずか
サーキットでの好パフォーマンス
ポルシェ911(992)は「買い」か?
ポルシェ911(992)のスペック

992、通算8世代目の911

タイプ992のコードネームで呼ばれる新型ポルシェ911カレラS/カレラ4Sは、911としては通算8世代目のモデルとなる。

誰もがすぐに911と解る特徴的なスタイリング、水平対向6気筒エンジンをリアに積んで、主に後輪を駆動する基本レイアウトは今作でも踏襲される。しかしながら中身の進化は見た目から想像する以上と言っていい。

全車ワイドフェンダー化され、そこに前20インチ/後21インチの大径タイヤ&ホイールを収めることから、フォルムは従来のタイプ991よりもマッシヴな印象だ。

このボディは単にワイド化されたわけではなく完全新設計。次期型718も採用する新しいスポーツカー用モジュラーユニットを用いたこの車体は、アルミ比率が従来の30%から70%まで高められているのも特徴である。

エンジンは先代後期型から使われた水平対向3.0ℓツインターボをリファインしたもので、トランスミッションは電気モーターの搭載スペースを有し、将来的な電動化の可能性をも備えた新開発の8速PDKとなる。

現時点ではカレラは発表されておらず、パワートレインは最高出力450ps、最大トルク54.0kg-mを発生するカレラSと、それにPTM(ポルシェ・トラクション・マネージメント)と呼ばれる電子制御式4WDシステムを組み合わせたカレラ4Sのみが選択可能となっている。MTも未だ設定は無い。

 
最新試乗記