初試乗 アルピナB4 S エディション99 452ps F32型ラストのスペシャル・クーペ

2019.06.03

ステアリングの剛性感や質感がさらに向上

エンジンが響かせるサウンドも良い。メカニカルサウンドを派手に唸らせながら回転し、極めて鋭い印象を与えつつ、とても民主化されてもいる。オートマティックも秀逸。変速スピードも速くスムーズで、高回転域でもしっかり追従していける許容量を備えている。ドライビングモードをスポーツモードにしても、デュアル・クラッチ・トランスミッションが羨ましく思えることはないはず。

ダイナミクス性能も他のアルピナと同様。サスペンションのスプリングもダンパーもレートが高められており、ラゲッジスペースのフロア剥がせば、Xの形状をしたブレースがフロアパンに固定されているのがわかる。加えてフロントのアンチロールバーとサスペンションを結ぶコネクティングロッドが、プラスティック製からスチール製のものに置き換わっている。

その結果、キャンバー角が大きくなっていることと相まって、99エディションはスタンダードのB4 Sビターボよりも剛性感が増していることが、ステアリング操作を通じて実感できるだろう。ステアリングホイールの切り初め、ほんの数度の範囲の動きは明確にシッカリ感が強くなり、レスポンスも向上している。

フロントタイヤとドライバーとのコミュニケーションは濃密で、ライバルメーカーの電動パワーステアリングを凌駕。開発予算は数倍も違うはずで、アルピナの努力は高く評価できる。とはいえ、B4 Sビターボのシャシーに手が加えられたといっても、内容は限定的。M4 CSやM4コンペティションと比較しても、柔らかな足腰を持っていることには変わりない。

 
最新試乗記