海外試乗

2019.07.17

字幕付き動画 メルセデス-AMG A35 目標はA45 競合メガーヌRS/ゴルフRとの差は

メルセデス-AMG A35

編集部より

字幕付きの動画です。英国編集部のメルセデス-AMG A35試乗記。開発目標は従来のA45 AMGだったといいます。競合のメガーヌRS/ゴルフRを視野に入れつつ評決しました。

もくじ

A35、従来のA45を目標に
A35 乗ってみるとどうなのか?
A45よりも明らかに万能に

A35、従来のA45を目標に

これが新型メルセデス-AMG A35、新型AクラスがベースのAMGの新たなエントリーモデルだ。今までのA45の直接的後継車ではなく、新型A45は追って登場し400ps超となる。

A35に搭載される2ℓターボエンジンは最高出力306ps、最大トルク40.8kg-mを発生する。英国での価格は3万5580ポンド(478万円)からだ。

ホットハッチから想像するものに加え今回AMGは以前のA45 AMG以上に気合いを入れてきている。例えばエンジンベイのアンダーパネルだ。これはボディを補強する役割を果たし、剛性を高めている。これによりサスペンションが効果的に機能する。ステアリングもよりシャープかつ正確になった。

4WDシステムにも大きな変更が加えられている。以前のA45と同様ハルデックス式で、普段は前輪駆動だが必要な時には後輪に最大50%のパワーを伝える。フォード・フォーカスRSなどとは異なりあくまでもFFベースのシステムだ。

しかし後輪のデフは電磁式となり、従来の油圧式ではない。これによりレスポンスが向上し、予測しやすくなっている。以前のA45では前輪のスリップを検知してから後輪を駆動したのに対し、新型ではそれを予測し前輪がトラクションを失う前に後輪にパワーを伝えることができる。

これは非常に重要な進歩だ。以前のA45の4WDシステムの動作は残念な点のひとつだった。シャシーにも不満はあり、サスペンションが非常に硬くバンピーな路面では突き上げが気になる。特に英国の荒れた路面では我慢を強いられた。

今までのA45は恐るべき速さで、380psのパワーと強力なグリップ、そして高いボディコントロールを持つ。しかし楽しいクルマではなかった。

ルノー・スポール・メガーヌやフォーカスRS、それにゴルフRなどの方が楽しく、走りがいもある。速さではかなわないが、より楽しめるだろう。われわれがA35に期待するのはA45ほどの速さではなく、楽しく走れるホットハッチだということだ。

メルセデス-AMGによれば、旧型A45をベンチマークとしてこのクルマを開発したそうだ。彼らはA45が最高のスーパーハッチだと考えているようだが、皆さんの大半は同意しかねるだろう。

そこで今回注目したいのは今までのA45と同等の仕上がりなのか、それとも性格を変えて楽しさを付加し、フォーカスRSやゴルフRに匹敵するクルマなのかということだ。

 
最新試乗記

人気コンテンツ