[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

メルセデス-AMG A45の中古車 人気も価格も堅調 維持費/メンテ/購入の注意点は

2019.05.05

100字サマリー

メルセデス・ベンツAクラスのホットハッチ、 A45は中古車でもまだ安いとはいえないものの、減価償却なりに値段が下がっていることは事実。その高級な質感を考えれば、お手頃だとはいえそうです。

もくじ

エンスージャストの注目を集めたA45
アウディRS3に対抗した後期モデルは381ps
メルセデス-AMG A45の中古車 購入時の注意点
専門家の意見を聞いてみる
知っておくべきこと
いくら払うべき?
掘り出し物を発見

エンスージャストの注目を集めたA45

初めてのモデルが登場してから6年が経つメルセデス-AMG A45の中古車は、徐々に手頃な価格に下がってきている。新車当時、標準グレードでも3万7845ポンド(584万円)で、ホットハッチとしてはかなりの金額だったが、オプションをいくつか選べば簡単に4万2000ポンド(609万円)を越えることも珍しくなかった。

それが今なら、2万ポンド(290万円)から手に入れることができる。初代モデルの複数オーナー車で、走行距離も多く、整備記録もあまり当てにならないクルマの場合だけれど。英国の中古車市場を見る限り、多くのは1オーナーか2オーナー車で、走行距離も6万4000km以下。走行距離にもよるが、ディーラーによる5回から6回の整備記録も残っているようだ。

2013年当時、360psを発生させる2.0ℓターボを搭載したA45は、エンスージャストの話題をよんだ。パートタイム4輪駆動の4マティックにより効果的に地面を蹴り上げ、0-100km/h加速を4.6秒でこなした。7速デュアルクラッチATはステアリングホイールに取り付けられたパドルで操作も可能で、減速時にはダブルクラッチのような動作を披露し、僕たちを喜ばせた。また3種類のドライビングモードを備えていた。

エグゾーストにはフラップが備わり、その気になって走る時には威勢のいい音を響かせるが、のんびり走りたい時はフラップが閉じ、静かに流すこともできる。他にもカーボンファイバー製の装飾トリムや滑りにくいスポーツシートなども装備していたし、もちろんナビゲーション・システムやエアコンは言うまでもない。そしてそれらをまとめ上げるのが、AMG製の強化サスペンションとボディキット。

これらは標準装備だが、新車を購入しようというオーナーは財布の紐も緩みがちで、4000ポンド(58万円)のAMGパフォーマンス・エグゾーストなどを選んだひとも少なくない。オプションを装備していないクルマの方が中古車の値下がり幅は大きい傾向にあるものの、メルセデス-AMG A45の場合は価格優先で選ばない方が良いだろう。エアロパッケージなどは、今でもプレミアムが付いている。

 
最新海外ニュース