試乗記

2019.08.15

字幕付き動画 ベントレー・コンチネンタルGT vs アストン マーティンDB11 AMR 比較試乗

ベントレー・コンチネンタルGT/アストン マーティンDB11 AMR

編集部より

英国が誇る2台の超高級GT、ベントレー・コンチネンタルGTとアストン マーティンDB11 AMRを比較しました。質感で勝るベントレーに対し、走りで上回るアストンという結果です。GTに求めるものによって選ぶべきクルマが決まりそうです。

もくじ

世界最高のGTカー
超長距離移動も快適
落ち着いて走れる足回り
アストンの仕上がりは
ベントレーを上回る走り
GTに何を求めるか次第

世界最高のGTカー

スタイリッシュかつラグジュアリー、エレガントで素晴らしい。われわれのことではない。世界最高のGTカーを2台用意した。改良型のアストン マーティンDB11 AMRと呼ばれるモデルだ。

そして新型のベントレー・コンチネンタルGT。この両車は非常に似通った設計思想を持つようだ。両社が考える最高のGTカーであるはず。それはすなわち速くラグジュアリーで魅惑的でなければならない。そこで今回時間を割き、どちらがより良いか比較してみよう。

まずはベントレーでロードテストを始めよう。
「わたしはこのクルマの大ファンなんだけど、運転しての感想はどう?」

「実は背中が悪いんだけど、このクルマは背中が痛くならないね」

「快適だということだね」

「そう快適性は抜群だ。運転もしやすいし、シートポジションも完璧。すべてが自然だね。これがランボルギーニなら腰を壊してしまうだろうね。降りるのすら大変だ。すべてが自然な体勢で、脚も伸ばせるし腕も伸ばせる。頭も窮屈じゃない。とても居心地が良いね」

「エンジンは6LのW12気筒で最高出力635ps最大トルクは91.8kg-mだ。カチカチ音がするのが聞こえるかな」

「吸気音でも排気音でもないね。フューエル・インジェクターかな?」

「踏めば速いし音も良いね。すごいパワーだ」

「ひとつ面白いのは、とても複雑なエンジンだよね。街乗りの低速低回転ではポート噴射で気筒休止機構も持ち、高負荷時には直噴になる」

「このふたつの組み合わせもだけど、クルマ全体が非常に複雑だね」

「DCTを搭載して、後輪駆動ベースの4WDでLSDも搭載。今回ベントレーはシャシーの運動性能もアピールしているね。たしか100%近くのパワーを後輪に配分できるとか」

「そうそう。最大90%とかだったかな」

 
最新試乗記