ロードテスト キア・Xシード ★★★★★★★☆☆☆

2019.11.30

結論 ★★★★★★★☆☆☆

兄弟分のプロシードと同じく、Xシードもキアがブランド力向上への努力を続けていることを示している。多くの点で、このコンパクトな新型ユーティリティヴィークルはこの狙いに適っている。

スタイリングでは、自社の上級モデルであるスティンガーに似たマスクやプレスラインが与えられている。標準装備の内容は、驚くほど充実している。キャビンのデザインクオリティはますます高められた。かつての安物メーカーが抱いた高い志と決断には、敬意を示さずにはいられない。しかし、目指す高みにはまだ達していない。

ルックスも走りも上々。ただし、実用性と洗練性には欠けるところがあった。
ルックスも走りも上々。ただし、実用性と洗練性には欠けるところがあった。    LUC LACEY

というのも、Xシードはいまだ過去のモデルにも見られたように路面のくぼみでよろめく。最新の400万円級のクルマなら、簡単に乗り越えてもらいたいところだ。

また、1.4Lの直噴ガソリンターボは、低負荷では静かで洗練されていると思わせるが、望んだほどのパフォーマンスやフレキシビリティは見出せなかった。

ハンドリングは安心感があって滑らかだ。しかし、本当に心惹かれるようなものではない。乗り心地は、スピードを上げれば良好なのだが、低い速度や荒れた舗装での走行時には苦戦する。

そうした欠点はまだあるが、Xシードは好ましく、ひとに勧めることができるクロスオーバーだ。もっとも、抜きんでているわけではない。

担当テスターのアドバイス

サイモン・デイヴィス

低速でのブレーキペダルのキャリブレーションはやや奇妙で、ブレーキは思ったより強く踏まないと、予想より前へ出てしまう。

リチャード・レーン

Xシードのエクステリアは、シード以上にキャラが立っているが、ほぼどこを見ても、ベーシックなハッチバックのシードの方が見栄えがいい。そうはいっても、個人的に選ぶならフォードのフォーカス・アクティブXで決まりだが。

オプション追加のアドバイス

当然だと思われるだろうが、ベストバリューな仕様はエントリーレベルのグレードだ。価格の割には、装備が充実している。12.3インチディスプレイを用いたフルデジタルメーターはファーストエディションのみに標準装備され、下位グレードの計器盤には4.2インチもしくは3.5インチのインフォメーションディスプレイが備わる。

改善してほしいポイント

・シャシー性能が高いのだから、ステアリングフィールを改善しないともったいない。
・DCTには、もっと速くスムースなシフトを望みたい。
・1.4L直噴ターボには、もっとキャラクターとフレキシビリティがほしい。

 
最新試乗記

人気記事