【アフリカの悪路を3日間】ランドローバー・ディフェンダー110 Sへ試乗 後編

2020.03.29

サマリー

伝統のディフェンダーという名を冠した新モデルが登場しました。期待にそぐわないオフロードの走破性を備えているのか、どんなドライビングフィールなのか、英国編集部がアフリカ・ナミビアの砂漠で徹底的に評価しました。

もくじ

田舎道をゆったりと流せる乗り心地
オフロードタイヤでも確かな足取り
ガソリンもディーゼルも充分に力強い
岩場も河川も簡単にこなしてしまう
世界でも有数の秀でた能力
ランドローバー・ディフェンダー110 Sのスペック

田舎道をゆったりと流せる乗り心地

text:Matt Prior(マット・プライヤー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
新しいランドローバー・ディフェンダー110 Sの好印象は、路面からの衝撃をなだめる能力から始まる。インテリアの素材感も良好。アドベンチャー感を演出するためか、構造部材が露出し、トルクスボルトのヘッドが表面に出ている。

沢山の小物入れと、充電ソケットも用意されている。自動車旅行を長期間楽しめばわかるが、これらはとても重要なアイテムだ。

ランドローバー・ディフェンダー110 S(英国仕様)
ランドローバー・ディフェンダー110 S(英国仕様)

タッチモニター式のインフォテインメント・システムも備わる。ランドローバー製としては初めて、動作が機敏で映像はクリア。扱いやすい。

フロントには2名用のシートか、2+1名用のシートを装備できる。中央の一段高いシートは短時間なら許せるが、それ以上座っているのは難しい。リアシートには3名がけのシートがある。足元も頭上も、空間は広々。

ルーフの両脇に開けられたトップ・ウインドウもいい感じだが、遠い位置ののぞき窓程度。さらに後ろには2名がけの3列目シートも用意できる。簡易的なものではない。

荷室は、2列目シートを生かした状態で916L。2列目を折り畳めば2233Lにまで広がる。横開きではなく上に跳ね上がるリアハッチなら、もう少し広い空間を得られたかもしれない。

操作系の重さは、旧来のディフェンダーとは異なる。軽快で好感触で漸進的。田舎道をゆったりとした気持ちで流すことができる。能力自慢のクルマとして、とても重要な要素だと思う。ランドクルーザーも似たところがある。

 
最新試乗記

人気記事