海外ニュース

2018.02.21

フェラーリ488ピスタ登場 488 GTBのハードコア版 721psを発揮

編集部より

フェラーリ488ピスタが登場しました。488 GTBのハードコア版で、488 GTEなどレースで得たノウハウを投下しています。3.9ℓV8ツインターボ・エンジンは721ps/8000rpm、78.5kg-m/3000rpmを発揮。90kgの軽量化に成功し、予想価格は3208万円です。

488ピスタ 3.9ℓV8が721ps発揮

フェラーリ488ピスタ。488 GTBのハードコアモデルだ。

0-100km/hタイムはラ フェラーリの立場をも揺るがす。数値は2.85秒。ラ フェラーリは公式に「3秒以下」と伝えられていた。

488ピスタは、端的にいうと488 GTBの軽量かつパワフルなモデルで、458イタリアと458スペチアーレの関係性と似ている。

エンジンはフェラーリ史上もっともパワフルなもの。フェラーリはこれを「extreme evolution(=とてつもない進化)」と表現している。ちなみにベースとなった488 GTBのV8ターボは、2016〜2017年のインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーも獲得している。

488ピスタの3.9ℓV8ツインターボ・エンジンは8000rpmで721psを、3000rpmで78.5kg-mを叩きだす。最高速は340km/hだ。

あえてライバルをあげるならばポルシェ911 GT2 RSが的確だろうか。こちらの0-100km/hタイムは2.8秒、最高速度は340km/hとなっている。

フェラーリは488ピスタについて、「(これまでのスペシャルモデルに対して)比べものにならないくらい進歩した」とも述べる。ダイナミクスだけでなく技術面の両面においてだ。いずれもレースで得た知見を488ピスタに投下。「ピスタ(英語ではサーキットの意)」という言葉からも、モータスポーツのヘリテージを連想させる。

それでは488ピスタの変更点を見ていこう。

next page488ピスタの軽量化詳細 予想価格は

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ