ニュース

2018.05.18

史上最速1600km/hの夢 資金問題が解決 まずは2019年中に1280km/hめど

編集部より

戦闘機用エンジンを搭載して陸上で1600km/hの最高速度記録達成を目指す英国のチーム「ブラッドハウンド」が2019年中にテストを行うことを決定しました。資金難による遅れがありましたが、ジーリーホールディングスの協力により計画を再開しました。

もくじ

初回テストでは800km/hを目標に
昨年には滑走路でテストも
多くのスポンサーの協力

初回テストでは800km/hを目標に

英国のユーロファイターのジェットエンジンで1600km/hの速度記録を目指すブラッドハウンドSSCが、2019年の記録達成に向け活動を再開した。

スポンサーであったサプライヤー企業の財政破綻により資金調達に問題が生じたものの、計画の変更により2019年5月に南アフリカの北ケープ砂漠で高速テストを行うことになった。その後、同年第4四半期に最終の最高速アタックを行う。

当初の計画との変更点は、5月のテストから最終テストの間に英国に車両を送り返さないことにした点だ。これにより削減された費用はプロジェクトの維持のために使われるという。

ブラッドハウンドの最初のテストでは約800km/hに到達する予定だ。これはクルマにとって最も危険な速度域と言われている。およそ640km/hから800km/hのあいだでは、車両は地上との摩擦ではなく空力のみによってコントロールされることになるため、非常に不安定なのだ。

このテストでは、ブラッドハウンド特製のアルミニウム製車輪が初めて使われる。直径35インチにV形のキールが取りつけられ、低速域では地面に食い込み、加速するにつれ浮き上がり800km/hでは地面を滑るように走ることができる。英国のニューキー空港で行われたテストでは、このマシンは戦闘機用タイヤを装着して320km/hを達成した。

 
最新海外ニュース