海外試乗

2018.05.08

世界最速の量産ロードカー「マクラーレン・セナ」に試乗 英国価格は1億以上

マクラーレン・セナ

テスト日 : 2018年05月02日

価格 : 75万ポンド(1億1475万円)

文・マット・プライヤー 

編集部より

マクラーレンの新しいモデルシリーズ・セナ。800psを発生するエンジンとハイパーカーP1より軽量なボディ、800kgのダウンフォースを獲得したサーキット前提のロードカーです。マクラーレン自らすべてつぎ込むとしているハイパー・マシンをマット・プライヤーが体験します。

もくじ

マクラーレンの先駆技術による究極のロードカー
パワーウエイトレシオ669ps/t 0-300km/h加速17.5秒
すべてを注ぎ込んだ、一般向けレースカー
例を見ないコーナリングスピードの高さ
スムーズだから引き出せる800ps
世界最速の量産型のロードカー
番外編:セナの油圧サスペンション・システム
マクラーレン・セナのスペック

マクラーレンの先駆技術による究極のロードカー

わたしはマクラーレン・セナの中で、インストラクターか助手席のひとか、はっきりわからなかったが、誰かからの声を耳にした。とりあえず、わたしに何かが不足していることを伝えたい、という旨は聞き取れた。

恐らくテストドライブの時間なのではないか。今回15分の試乗を行う予定だったのだが、非常に多くのビデオカメラをクルマの内外に取り付けてていたため、時間が短くなってしまったのだろうと思った。

ドアが降ろされると、助手席に座っている元BTCCのレーサーのジョシュ・クックが実際に何が話されていたのかを教えてくれた。

「ピットレーンに長く止まっていたので、タイヤの温度が下がっていることを伝えて欲しいといっていました」

ありがとうジョシュ。でも、これってロードカーなはず。タイヤの温度を心配しなければならないのだろうか。

このクルマは間違いなく、公道走行も許されてはいる。

「わたしは、究極の、ロードリーガルなレーサーを作りたかったのです」

アストン マーティンのCEOではない、マクラーレンの「アルティメット・シリーズ」をディレクションしている、アンディ・パーマーが話す。

「今回のスーパースポーツ・シリーズのセナには、われわれの先駆的な技術をふんだんに盛り込んでいます」

next pageパワーウエイトレシオ669ps/t 0-300km/h加速17.5秒

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ

        ×