海外ニュース

2018.12.07

日産、不適切な完成検査でリコール 後輪ブレーキ検査に、駐車ブレーキ使用

編集部より

日産が、完成検査における不適切な取扱いについて、リコールを実施すると発表しました。不適切な事案とその対策を公開しています。対象車両台数は、約15万台とされています。

もくじ

合計で約15万台
再発防止策を一層強化
日産、お詫びのコメントを発表

合計で約15万台

日産は、完成検査における不適切な取扱いを踏まえ、昨年から国土交通省にリコール届出を実施してきたが、完成検査の合否判定が不明確な可能性がある事案が判明したと発表した。

速やかにリコール実施の準備を進め、国土交通省に届出を行う予定としている。日産が公表した経緯および判明した事実は、以下の通り。

・2017年11月、完成検査に係る不適切取扱いに関する調査結果並びに再発防止策を発表。法規・法令順守のための全社的活動を開始。

・2018年4月、日本生産事業本部を新設、レギュレーション・法規の専門部を設立。工場と連携した法令順守総点検の活動を推進。

・自主的な点検活動の中で、7月に排ガス・燃費に関する抜き取り測定について、9月に精密抜き取り測定について、不適切な事案が判明。完成検査問題の再発防止策をさらに強化。

・再発防止策をより確実に徹底する中で、プロセスのさらなる詳細な定義、検査員の確実な理解などの点検を実施。その自主点検の中で、追浜工場ならびにオートワークス京都の生産車両において、合否判定が不明確な可能性のある検査を一部車両に対して実行したという証言を確認。

こうした経緯をふまえて、2018年12月13日に以下事案について、当該対象車両のリコールの届出を予定している。

完成検査における新たな不適切事案

完成検査における新たな不適切事案(カッコ内は対象工場)
1. 後輪ブレーキ制動力の検査において、駐車ブレーキレバーを使用して測定した行為(追浜工場)

2. 駐車ブレーキ制動力の検査において、ブレーキペダルを使用して測定した行為(追浜工場/オートワークス京都)

3. ステアリングの切れ角検査において、社内基準値内に収めるために、最後にステアリングを戻して測定した行為(追浜工場)

4. ステアリングの切れ角検査において、社内基準値内に収めるために、最初にステアリングを左右いずれかに切ってから測定を開始した行為(追浜工場)

5. スピードメーターの検査において、40km/hの速度を維持して測定すべきところ、40km/hに到達した瞬間に測定した行為(追浜工場)

6. サイドスリップの検査において、社内規定速度(5km/h)を若干超える速度(6〜8km/h程度)で測定した行為(追浜工場)

リコール対象車種・台数

・追浜工場のリコール対象車種は、2017年11月7日〜2018年10月25日までに製造された下記モデル(オフラインベース:2018年10月17日以前の車両)

ノート(E12) 、リーフ(ZE1)、ジューク(F15)、シルフィー(B17)、キューブ(Z12)、マーチ(K13)

・オートワークス京都のリコール対象車種は、2017年11月7日〜2018年10月25日までに製造された下記モデル(オフラインベース:同上)

アトラス(F24)、シビリアン(W41)、いすゞエルフ(F24)、ジャーニー(W41)、三菱ふそうキャンター・ガッツ(F24)

対象車両台数は現在精査中としており、合計で約15万台にのぼるという。

next page再発防止策を一層強化

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ