マツダ新型CX-30、日本発売へ 新SUVの価格/サイズ/内装/CX-3との違い

2019.09.20

100字サマリー

マツダの新型車「CX-30」が、日本で受注を開始しました。CX-3とCX-5の中間サイズだけれど、新しいコンセプトのSUV。その内外装、サイズ、価格を解説します。

もくじ

はじめに 新型CX-30とは
新型CX-30の外観
新型CX-30の内装
新型CX-30のシャシー
新型CX-30のパワートレイン
新型CX-30の装備
新型CX-30のオーディオ
新型CX-30の価格/発売日

はじめに 新型CX-30とは

text & photo: Kazuhide Ueno(上野和秀)
photo: マツダ

 

マツダはこれまで積極的にSUVへ取り組み、コンパクトのCX-3、ミディアムのCX-5、フルサイズで3列シートを備えるCX-8とバリエーションを展開してきた。こうした中で、すべての領域の「質」を高めたマツダ新世代商品第2弾として送り出されたのが「CX-30」(シーエックス・サーティ)である。

CX-30のサイズは全長×全幅×全高が4395×1795×1540mm
CX-30のサイズは全長×全幅×全高が4395×1795×1540mm

サイズ的に見るとCX-3とCX-5の間を埋めるモデルに思えるが、マツダとしてはまったく新しいコンセプトのクロスオーバーSUVとして開発したことから、新たな符号としてCX-30という名が与えられた。

ボディサイズは市街地で取り回しが楽な大きさにこだわって全長4395mm、全幅1795mm、全高1540mmと取り回しの良い大きさとされている。

外観は、「魂動デザイン」を具現化し、ボディの曲面を活かしたリフレクションが特徴。サイドビューは様々な表情を見せてくれる。インテリアは上質で伸びやかなデザインとされ、高い質感にこだわり快適に過ごせる空間を追求した。

パワートレインは、高効率直噴ガソリン・エンジンSKYACTIV-G 2.0とクリーン・ディーゼル・エンジンSKYACTIV-D 1.8を基本に、新世代エンジンSKYACTIV-X(火花点火制御圧縮着火+マイルド・ハイブリッド)という3種から選ぶことができる。

 
最新海外ニュース