マツダ新型CX-30、日本発売へ 新SUVの価格/サイズ/内装/CX-3との違い

公開 : 2019.09.20 11:00  更新 : 2021.10.11 09:25

マツダの新型車「CX-30」が、日本で受注を開始しました。CX-3とCX-5の中間サイズだけれど、新しいコンセプトのSUV。その内外装、サイズ、価格を解説します。

はじめに 新型CX-30とは

text & photo: Kazuhide Ueno(上野和秀)
photo: マツダ

 

マツダはこれまで積極的にSUVへ取り組み、コンパクトのCX-3、ミディアムのCX-5、フルサイズで3列シートを備えるCX-8とバリエーションを展開してきた。こうした中で、すべての領域の「質」を高めたマツダ新世代商品第2弾として送り出されたのが「CX-30」(シーエックス・サーティ)である。

CX-30のサイズは全長×全幅×全高が4395×1795×1540mm
CX-30のサイズは全長×全幅×全高が4395×1795×1540mm

サイズ的に見るとCX-3とCX-5の間を埋めるモデルに思えるが、マツダとしてはまったく新しいコンセプトのクロスオーバーSUVとして開発したことから、新たな符号としてCX-30という名が与えられた。

ボディサイズは市街地で取り回しが楽な大きさにこだわって全長4395mm、全幅1795mm、全高1540mmと取り回しの良い大きさとされている。

外観は、「魂動デザイン」を具現化し、ボディの曲面を活かしたリフレクションが特徴。サイドビューは様々な表情を見せてくれる。インテリアは上質で伸びやかなデザインとされ、高い質感にこだわり快適に過ごせる空間を追求した。

パワートレインは、高効率直噴ガソリン・エンジンSKYACTIV-G 2.0とクリーン・ディーゼル・エンジンSKYACTIV-D 1.8を基本に、新世代エンジンSKYACTIV-X(火花点火制御圧縮着火+マイルド・ハイブリッド)という3種から選ぶことができる。

新型CX-30の外観

CX-30は「Sleek and Bold」をデザイン・コンセプトとし、伸びやかなクーペの美しさと大胆な SUVの力強さという、相反する2つの表情を併せ持ったデザインを実現。魂動デザインの要素である「余白」「反り」「移ろい」の考え方のもとに、書道の「溜めと払い」がCX-30の造形テーマとされた。

フロントフェンダーからリアタイヤへアーチを描いくショルダー部は「反り」を表現し、明確なキャラクターラインは与えず、その下のボディ面に周囲の景色をS字型に映り込ませて、動きを表現するデザインとされている。

テールランプ・レベルが後方に張り出している分、荷室も広くなっている
テールランプ・レベルが後方に張り出している分、荷室も広くなっている

部分的にも凝った造形がなされ、フロントエンドは端正で精悍な表情にデザインされ、立体的な造形により存在感を高めている。ルーフラインは後席のヘッドクリアランスを確保しつつクーペ的でスポーティに見えるように後端で下げるとともに、Dピラーを寝かせて流麗で動きのあるスタイリングを実現した。

注目したいのはリアエンドの造形で、大きく傾斜したリア・ウインドウからのラインは、テールランプ・レベルで大きく飛び出したのちボディ下部に収束するグラマラスなデザインが印象的だ。またこのデザインによりラゲッジの有効スペースを確保するという実用性も隠されている。

記事に関わった人々

  • 上野和秀

    Kazuhide Ueno

    1955年生まれ。気が付けば干支6ラップ目に突入。ネコ・パブリッシングでスクーデリア編集長を務め、のちにカー・マガジン編集委員を担当。現在はフリーランスのモーター・ジャーナリスト/エディター。1950〜60年代のクラシック・フェラーリとアバルトが得意。個人的にもアバルトを常にガレージに収め、現在はフィアット・アバルトOT1300/124で遊んでいる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

マツダ CX-3の人気画像